出生数、過去最少86万4千人…厚労省2019年推計

 厚生労働省は2019年12月24日、令和元年(2019年)人口動態統計の年間推計を公表した。出生数は86万4,000人と推計され、明治32年(1899年)の調査開始以来、過去最少となり初めて90万人を下回った。

生活・健康 その他
人口動態総覧の年次推移
  • 人口動態総覧の年次推移
  • 自然増減の年次推移
 厚生労働省は2019年12月24日、令和元年(2019年)人口動態統計の年間推計を公表した。出生数は86万4,000人と推計され、明治32年(1899年)の調査開始以来、過去最少となり初めて90万人を下回った。

 人口動態統計は、出生・死亡・婚姻・離婚・死産の実態を表すものとして厚生労働省が毎年作成。人口動態統計の年間推計は、日本における日本人の推計数を毎年、調査年の12月に公表している。なお、令和元年(2019年)人口動態統計月報年計(概数)の概況は、2020年6月に公表予定。

 2019年の出生数は86万4,000人と推計され、前年(2018年)の確定数91万8,400人と比べて約5万4,000人減少。明治32年(1899年)の調査開始以来、過去最少となった。

 また、死亡数は137万6,000人と推計され、前年(2018年)の確定数136万2,470人と比べて約1万4,000人増加。自然増減数はマイナス51万2,000人と推計される。少子化に加え、人口減が深刻化している。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)