私立大学等の耐震化率は92.8%、前年度比1.2ポイント増

 文部科学省は2019年12月25日、2019年4月1日現在の私立学校(大学等)の耐震改修状況調査結果を公表した。私立大学等の耐震化率は92.8%で、前年度(2018年度)から1.2ポイント上昇している。耐震診断の実施率は、前年度比1.9ポイント増の89.9%。

教育業界ニュース 文部科学省
耐震化率状況
  • 耐震化率状況
  • 耐震化率別の学校法人数分布
  • 耐震化率の公表予定がない法人におけるおもな理由
 文部科学省は2019年12月25日、2019年4月1日現在の私立学校(大学等)の耐震改修状況調査結果を公表した。私立大学等の耐震化率は92.8%で、前年度(2018年度)から1.2ポイント上昇している。耐震診断の実施率は、前年度比1.9ポイント増の89.9%。

 私立大学等の耐震化の状況は、保有面積4,697万平方メートルのうち新耐震基準で建築された建物が3,539万平方メートル。1981年6月1日改正の新耐震基準(建築基準法施行令)施行以前の旧耐震基準で建築された建物は1,158万平方メートルだった。

 旧耐震基準で建築された建物のうち、89.9%にあたる1,041万平方メートルが耐震診断を実施している。このうち「耐震性あり」821万平方メートル、「耐震性なし」220万平方メートルで、私立大学等の耐震化率は92.8%となった。なお、「耐震性あり」には調査時点において耐震補強工事中の建物も含まれる。前年度と比べると、耐震化率は1.2ポイント上昇、耐震診断の実施率も1.9ポイント上昇している。

 耐震化率別の学校法人数分布をみると、100%が383法人(57.9%)、90%以上100%未満が141法人(21.3%)と、全体の約8割を占めた。一方、耐震化率50%未満は12法人(1.8%)だった。

 落下防止対策が必要なつり天井を有する屋内運動場等は853棟で、全棟数に占める割合は38.5%と前年度より1.4ポイント減少した。また、屋内運動場等のつり天井以外の非構造部材の耐震点検実施率は40.6%で、耐震対策実施率は19.6%だった。

 私立大学等において耐震化率を公表している法人は全体の31.2%にあたる206法人で、前年度より9.2ポイント上昇している。調査時点では公表していないが2019年度中に公表予定の法人は213法人、公表予定のない法人は242法人だった。公表しない理由として「公表内容や公表方法を検討中であるため」80法人、「保有建物が新耐震基準のみであるなど耐震化率は100%であるため公表を検討していない」53法人、「耐震化が完了した後に公表予定」24法人などがあがった。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)