【大学受験2020】給費生・特待生・奨学生入試の実施大学一覧

 Kei-Netは、入学試験の学業成績や経済的理由などにより学費の免除や奨学金を給付する制度のある国公立大学、私立大学をまとめて公開した。地域ごとに国公立、私立大学にわけ、特典、出願方法、選抜方法など、わかりやすくまとめている。

教育・受験 高校生
Kei-Net
  • Kei-Net
  • お茶の水女子大学
  • 東京大学
  • 青山学院大学
  • 東京理科大学
 Kei-Netは、入学試験の学業成績や経済的理由などにより学費の免除や奨学金を給付する制度のある国公立大学、私立大学を一覧にして公開した。地域ごとに国公立、私立大学にわけ、特典、出願方法、選抜方法など、わかりやすくまとめている。

 一覧では、2020年度の一般受験生を対象とした方式・制度のもの(大学在学生が対象のものや指定校制の入試方式は除く)や奨学金の給付、学費の免除を行うもの、入学以前に申請または採用の可否がわかるものを取り上げている。9月以前に選抜のあるものは除いている。

 国公立大学では、お茶の水女子大学が全学部で、予約型の「みがかずば奨学金」を実施。選考条件を満たす者20人に1・2年次各30万円給付する。ほかに理学、生活科学(食物栄養、人間・環境科学)部の「アバナード奨学金」は、条件を満たす者に在籍中100万円(1年につき25万円)を限度に給付する。

 東京大学は全科類対象の、予約型「さつき会奨学金」を実施。一般入試・推薦入試に出願予定の女子が対象で、入学後に自宅外通学になるなどの条件に該当し、内定した者が入学後に奨学生採用手続きをとることで決定する。月額3万円(年額36万円)を支給(4年間、6年制課程は6年間)、加えて入学時に入学支援金30万円を支給する。同大学はほかにも予約型の東京大学学部学生奨学金も実施している。

 私立大学では、青山学院大学が全学部で予約型の「地の塩、世の光奨学金」を実施。2020年度一般入試またはセンター利用入試の受験者や入学後は大学へ自宅外から通学する者などが対象で、年額50万円を給付(原則4年間の継続給付、毎年の進級時に継続審査あり)する。

 東京理科大学は全学部(理・第二部は除く)で、「新生のいぶき奨学金」と「乾坤の真理奨学金」を実施。条件に該当する者に、4年間(薬学部薬学科は6年間)で年額50万円を給付する。

 詳細は、必ず各大学の募集要項などで確認すること。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)