増税による負担増加と節約額予想、子どものいる人は2割高

 消費税増税による家計の負担について調査したところ、子どもがいる人の負担増加額の予想は月6,829円だった。また、月々の節約目標額は8,193円となり、どちらも全体の平均額よりも約2割高いことが明らかになった。

生活・健康 その他
今回の消費税増税によって、月々どのくらい負担が増えると思うか
  • 今回の消費税増税によって、月々どのくらい負担が増えると思うか
  • 今後、月々どのくらい節約をしたいと思うか
  • 消費税増税後に行ったこと
  • 消費税増税後に見直し・節約したもの
 消費税増税による家計の負担について調査したところ、子どもがいる人の負担増加額の予想は月6,829円だった。また、月々の節約目標額は8,193円となり、どちらも全体の平均額よりも約2割高いことが明らかになった。

 調査は、ライフネット生命保険が2019年10月16日~17日、全国の20歳~59歳の男女1,000人を対象にインターネットで行った「消費税増税による家計の見直し・節約に関する調査2019」。2019年10月に消費税が8%から10%に引き上げられたことから、増税前後における家計の状況や意識について調べた。

 全回答者1,000人に、今回の消費税増税によって月々どのくらい負担が増えると思うか聞いたところ、「5,000円」(23.6%)や「10,000円」(16.3%)に回答が集まり、平均額は5,655円。子どものいる人430名に回答を絞った場合の平均額は6,829円で、全体の平均額と比べて1,174円高かった

 また、今後月々どのくらい節約をしたいと思うか聞いたところ、「5,000円」や「10,000円」に回答が集中し、全回答者の平均額は6,766円だった。こちらも子どものいる人の平均額は8,193円となり、全体の平均額と比べて1,427円高い。子どものいる人は負担増加額も節約目標も高めに設定している人が多いことがわかる。

 消費税増税後の行ったことの質問には、「特になし」が全体の42.9%でもっとも多く、「キャッシュレス決済での買い物」26.5%、「家計の見直し・節約」19.7%が続いた。「ポイント還元キャンペーンをチェック」18.0%や「ポイント還元キャンペーンで買い物」17.7%といったポイント還元に関する回答も多くみられた。

 「家計の見直し・節約」を何で行ったかの質問には、「食費」49.2%がもっとも多く、「外食・飲み会費」47.7%、「衣類・雑貨費」36.5%、「娯楽費」31.0%、「水道光熱費」20.3%となり、日々の生活での出費を抑えて節約しようとする傾向が見られた
《勝田綾》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)