【センター試験2020】(1日目1/18)国語の問題分析、難易度は?「泣けた」のコメントも

 データネット2020(ベネッセ・駿台)と東進は、2020年度(令和2年度)大学入試センター試験(以下、センター試験)1日目の午後1時から2時20分に試験が行われた「国語」の問題分析を開始した。

教育・受験 高校生
2020年度大学入試センター試験のようす
  • 2020年度大学入試センター試験のようす
  • 2020年度大学入試センター試験のようす
  • 2020年度大学入試センター試験のようす
 データネット2020(ベネッセ・駿台)と東進は、2020年度(令和2年度)大学入試センター試験(以下、センター試験)1日目の午後1時から2時20分に試験が行われた「国語」の問題分析を開始した。

 データネット2020は、「漢文では五言詩が出題され、模式図から適当なものを選ぶ設問が出題された」と分析。全体概況については15時25分更新予定としている。

 東進は、大問数に昨年から変化なし、設問数・マーク数は1つ減少し、評論:河野哲也 「境界の現象学」、小説:原民喜「翳」、古文:小夜衣、漢文:文選が出題されたことを紹介している。

 このあと、詳細な分析や難易度などが掲載される。リセマムでは、大手予備校の難易度が出そろった時点で、まとめて紹介する。

 国語の問題が、終了直後から話題になることも多いが、SNSでは「ネタがなかった」「面白くなかった」というコメントがある一方で、「小説でいい話すぎて泣きそうになった」「小説話重すぎ」といったコメントも見受けられた。
《田村麻里子》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)