2019年度国公立大学医学部<後期>受験者数ランキング…山口大は大幅増

 東大螢雪会より提供の2019年度国公立大学医学部入試結果によると、後期入試の受験者数がもっとも多かったのは奈良県立医科大学で358人、2位は山梨大学で341人、3位は香川大学の201人であった。

教育・受験 高校生
2019年度国公立大学医学部後期 受験者数ランキングTOP10
  • 2019年度国公立大学医学部後期 受験者数ランキングTOP10
  • 2019年度国公立大学医学部後期受験者数伸び率TOP10 (2017年と比較)
 東大螢雪会より提供の2019年度国公立大学医学部入試結果によると、後期入試の受験者数がもっとも多かったのは奈良県立医科大学で358人、2位は山梨大学で341人、3位は香川大学の201人であった。

2019年度医学部後期入試
受験者数ランキング


 後期日程は前期日程に比べて実施校が少なく、それぞれの募集定員も少ないため、10位までを掲載する。10位までのランキングは以下のとおり。

2019年度国公立大学医学部後期入試
受験者数ランキングTOP10


1位 奈良県立医科大学 358人
2位 山梨大学 341人
3位 香川大学 201人
4位 山口大学 151人
5位 岐阜大学 144人
6位 鳥取大学 142人
7位 愛媛大学 141人
8位 富山大学 133人
9位 旭川医科大学 129人
10位 琉球大学 96人

3年前から受験者数が伸びたのは?


 3年前(2017年)のデータと比較して受験者数の変動を見ると、もっとも伸び率が高いのは山口大学で3.355倍。2017年からの受験者数の伸び率(2019年の受験者数/2017年の受験者数)の上位10校は以下のとおり。

受験者数伸び率が高い国公立大学医学部TOP10


1位 山口大学 3.355
2位 名古屋大学 3.00
3位 富山大学 1.461
4位 佐賀大学 1.425
5位 鳥取大学 1.392
6位 奈良県立医科大学 1.243
7位 秋田大学 1.236
8位 山形大学 1.089
9位 三重大学 1.027
10位 山梨大学 1.017

 医学部を志望する学生は減少傾向だが、後期試験の受験者数は増えている。募集人数が大きく変化している大学は少ないため、医学部を目指す学生は後期試験が始まる3月12日までの残りの日々が勝負となるだろう。

 前期試験の受験者数ランキングへ
 >>「2019年度国公立大学医学部前期受験者数ランキング」。
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)