【高校受験2020】都立高の推薦入試、足立工業高と新宿高で出題ミス

 東京都教育委員会は2020年1月27日、2020年度都立高等学校の推薦に基づく選抜における検査問題の誤りについて公表した。1月26日に実施された足立工業高校の実技検査と新宿高校における小論文検査問題にて、内容の誤りがあったという。

教育・受験 中学生
東京都教育委員会
  • 東京都教育委員会
  • 都立足立工業高等学校における実技検査問題の内容の誤り
  • 都立新宿高等学校における小論文検査問題の内容の誤り
 東京都教育委員会は2020年1月27日、2020年度都立高等学校の推薦に基づく選抜における検査問題の誤りについて公表した。1月26日に実施された足立工業高校の実技検査と新宿高校における小論文検査問題にて、内容の誤りがあったという。

 2020年度都立高等学校の推薦に基づく選抜は、全日制166校の募集人員9,013人に対して、応募人員は2万3,008人。最終出願倍率は2.55倍だった。検査は、1月26日および27日に集団討論・個人面接、実技検査などを実施。1月31日に合格者が発表される。

 今回公表されたのは、いずれも1月26日に実施された検査問題における誤り。都立足立工業高校では、実技検査(午前9時から午前9時40分まで)の大問4で示した円柱の図について、直径を「20mm」と表記するところを「20m」と表記していたという。採点上の対応として、大問4は受検者全員に一律50点を加点する。実技検査問題は全体で350点満点、受検人員は58人だった。

 都立新宿高校では、小論文検査(午前8時50分から午前9時40分まで)の大問1において、表1「令和元年度4月末租税収入および印紙収入、収入額調(しらべ)」に示した数値に誤りが2か所あったという。ひとつは「一般会計分計」の「予算額」にて、「62495000」が正しいところを「6249000」とする誤り。もうひとつは「消費税」の「昨年度4月分」にて、「△64195」が正しいところを「△61195」とする誤りだった。

 採点上の対応では、「一般会計分計」の「予算額」の誤りは、大問1の問1〔い〕について、受検者全員に一律15点を加点する。「消費税」の「昨年度4月分」の誤りは、検査問題を解くうえで影響はないため、採点上の措置は行われない。小論文検査問題は全体で270点満点、受検人員は171人だった。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)