【中学受験2020】群馬県公立中高一貫校の受検状況・倍率…中央中等4.0倍

 群馬県教育委員会は2020年1月27日、2020年度(令和2年度)群馬県公立中等教育学校等入学者選抜受検状況を発表した。中央中等教育学校は募集定員120人のうち、475人が受検し、実質倍率は4.0倍だった。

教育・受験 小学生
画像はイメージです
  • 画像はイメージです
  • 受検状況
 群馬県教育委員会は2020年1月27日、2020年度(令和2年度)群馬県公立中等教育学校等入学者選抜受検状況を発表した。中央中等教育学校は募集定員120人のうち、475人が受検し、実質倍率は4.0倍だった。

 群馬県立中央中等教育学校、伊勢崎市立四ツ葉学園中等教育学校、太田市立太田中学校で1月25日、選抜検査が実施された。

 中央中等教育学校は募集定員120人に対し受検者は475人、実質倍率は前年度(2019年度)比0.1ポイント増の4.0倍。四ツ葉学園中等教育学校は募集定員120人に対し受検者は268人、実質倍率は前年度比0.2ポイント増の2.2倍。太田中学校は募集定員105人に対し受検者286人、実質倍率は前年度比0.1ポイント増の2.7倍だった。

 合格者の発表について、2月3日午前10時に各学校Webサイト、午後1時に各学校内に掲示する。合格者は各学校で「入学予定者証明書」の交付を受ける。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)