記憶に残りやすい効果が実証されたボールペン2/26発売

 三菱鉛筆は2020年2月26日、新しいゲルインクボールペン、“ノート、くっきりキマる。”「uni-ball one(ユニボール ワン)」を発売する。黒色は一層濃く、カラーはより鮮やかに発色し、見返した時にくっきりキマる印象的なノートを作ることができる。価格は120円(税別)。

生活・健康 大学生
uni-ball one(ユニボール ワン)
  • uni-ball one(ユニボール ワン)
  • インクの仕組み
  • 従来品と「uni-ball one」濃さ比較
  • 上段が「ユニボール ワン」を使用、 下段が従来品を使用して筆記したノート例
  • 「uni-ball one」の濃い黒インクで書いた文字のほうが一般的なゲルインクと比べて正答率は高く、単語再生率が高いという結果を得た
 三菱鉛筆は2020年2月26日、新しいゲルインクボールペン、“ノート、くっきりキマる。”「uni-ball one(ユニボール ワン)」を発売する。黒色は一層濃く、カラーはより鮮やかに発色し、見返した時にくっきりキマる印象的なノートを作ることができる。価格は120円(税別)。

 「uni-ball one」は、一般的なゲルインクと異なり、色材の紙繊維への浸透を極力抑える新しい顔料を使用している。独自開発のビーズパック顔料を使うことにより、黒はより濃く、カラーはより鮮やかに発色する。

 三菱鉛筆と立命館大学の共同研究により、認知心理学の知見から顕在記憶と手書き文字の相関を検証したところ、黒色に関しては濃く、くっきりとした文字ほど記憶に残りやすいことが判明した。そのため、「uni-ball one」は記憶に残りやすい文字が書けるペンとして、暗記用のノートなど記憶に残したい時の学習にお勧めだという。

 軸デザインはシンプルでストレートな形状。黒インクは濃さを強調した黒い軸色、カラーインクは生活空間にとけこむ、オフホワイトの軸色を採用し、落ち着いた印象に仕上げている。

 「uni-ball one」は、ボール径0.38mmが全20色、ボール径0.5mmが全10色。価格は120円。替芯は0.38mm・0.5mmとも黒・赤・青の3色展開で、価格は100円(いずれも税別)。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)