IT×ものづくり教室「春の特別講習スプリングラボ2020」

 障害者向け就労支援事業や子どもの可能性を拡げる教育事業を展開する「LITALICO」が運営する、IT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」は2020年3月14日から4月30日、春の特別講習「スプリングラボ2020」を開催する。

教育イベント 未就学児
IT×ものづくり教室「春の特別講習スプリングラボ2020」
  • IT×ものづくり教室「春の特別講習スプリングラボ2020」
  • プログラミング×ロボットセンサーでガンシューティングをつくろう!
  • かたむきセンサー内蔵!レーシングゲームをつくろう!
  • HTML/CSSでWebサイトをつくろう!
  • Unityで3D対戦格闘ゲームをつくろう!
 障害者向け就労支援事業や子どもの可能性を拡げる教育事業を展開する「LITALICO」が運営する、IT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」は2020年3月14日から4月30日、春の特別講習「スプリングラボ2020」を開催する。

 IT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」は幼児から高校生を対象とし、プログラミングやロボット製作を学ぶ機会を提供する教室。試行錯誤することを通じて「創造力」を育むことを目的としている。2020年2月現在、東京・神奈川・埼玉に開講している15教室あわせて約3,000名の子どもが定期コースに通う。

 「春の特別講習スプリングラボ2020」では、新年中・年長も参加できるタブレットプログラミングや、プロも使うゲーム開発エンジン「Unity」を使った本格ゲーム制作講座、作品を持ち帰り可能なゲーム機制作や3Dペン工作など、ここだけの特別なコースを多数開催する。

 また、LITALICOワンダーは2019年10月より「ゲーム&アプリ エキスパートコース」を新たに開講し、プログラミングが初めての人から、より実践につながる高度な技術習得を目指す人まで一貫してサポートできるようにプログラムの充実化を図っているという。

 「スプリングラボ2020」でも、ひとりひとりの習熟レベルや興味・関心にあわせて挑戦できる「プログラミング×ロボットセンサーでガンシューティングをつくろう!」や「かたむきセンサー内蔵!レーシングゲームをつくろう!」「HTML/CSSでWebサイトをつくろう!」などのほか、多彩な9コースを用意している。

 コースによって、対象年齢・料金・授業時間・開催教室・開催日程が異なる。申込みや、コースの詳細の確認はWebサイトにて行える。

◆春の特別講習スプリングラボ2020
日時:2020年3月14日(土)~4月30日(木)
申込方法:Webサイトにて申し込む
開催場所:LITALICOワンダー各教室(東京・神奈川・埼玉17教室)

・プログラミング×ロボットセンサーでガンシューティングをつくろう!
対象年齢:新小学1年生~中学生
授業料:1万1,000円(税込)
所要時間:90分×2コマ

・かたむきセンサー内蔵!レーシングゲームをつくろう!
対象年齢:新小学3年生~高校生
授業料:8,800円(税込)
所要時間:90分×1コマ

・Unityで3D対戦格闘ゲームをつくろう!
対象年齢:新小学4年生~高校生
授業料:1万6,500円(税込)
所要時間:90分×3コマ

・HTML/CSSでWebサイトをつくろう!
対象年齢:新小学4年生~高校生
授業料:1万6,500円(税込)
所要時間:90分×3コマ

※上記は開催コースの一部
※対象年齢・料金・授業時間・開催教室・開催日程はコースによって異なるためWebサイトにて確認すること
《鈴木あさり》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)