【大学受験】APU・京都外大、新型コロナで式典中止

 立命館アジア太平洋大学(APU)は2020年2月20日、新型コロナウイルスの影響から3月の卒業式、4月の入学式の中止を発表した。また、京都外国語大学は、卒業式は開催する予定だが祝賀会を中止にするなど、国内での感染の影響が出ている。

教育・受験 大学生
立命館アジア太平洋大学
  • 立命館アジア太平洋大学
  • 京都外国語大学
  • 大阪市立大学
 立命館アジア太平洋大学(APU)は2020年2月20日、新型コロナウイルスの影響から3月の卒業式、4月の入学式の中止を発表した。また、京都外国語大学は、卒業式は開催する予定だが祝賀会を中止にするなど、国内での感染の影響が出ている。

 立命館アジア太平洋大学は、3月の学位授与式(卒業式)および4月の入学式の開催を中止することを発表。大学のある大分県内での新型コロナウイルス感染者は現時点では報告されていない。しかし、学生の約95%は県外の日本各地、世界各地から集まっているため、毎年、卒業式や入学式には国内外から多くの家族や友人、先輩などが駆け付ける。大勢の人が各地から移動し、一堂に会すことになる式典の開催は、感染のリスクを高めることが想定されるため、学生やその家族や地域、関係者の健康が第一と考え、大事を取ることにしたという。

 大学のWebサイトでは、中国の留学生が多いことから、学生に向けて「大変な状況にある友達が周りにいれば、ぜひ励まし、力になってあげてください」と呼び掛けている。また、現時点での、4月入学者の入学手続き、入寮期間、オリエンテーションスケジュール、授業開始日の変更はない。

 京都外国語大学は、現時点で3月の学位記授与式・修了証書授与式は開催する予定。しかし、新型コロナウイルスの国内感染が拡大している現状を踏まえ、卒業・修了に伴う大学院、大学、短期大学、留学生別科の「総長招待祝賀会」を中止することが決定した。

 そのほか、大阪市立大学は、大阪府の方針である1か月の感染防止期間を受け、2月25日から3月20日までは、大学主催イベントや集会について、原則、開催中止または延期を要請。ただし、卒業式や入学試験などは感染予防に配慮のうえで実施するという。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)