【高校受験2020】新型コロナウイルスの対応、千葉・広島が追検査を設定

 千葉県教育委員会と広島県教育委員会は2020年2月21日、公立高等学校入学者選抜等における新型コロナウイルス感染症への対応について公表した。千葉県は3月18日、広島県は3月23日に追検査を実施する。

教育・受験 中学生
千葉県教育委員会「令和2年度千葉県公立高等学校入学者選抜後期選抜等における追検査の実施について」
  • 千葉県教育委員会「令和2年度千葉県公立高等学校入学者選抜後期選抜等における追検査の実施について」
  • 広島県教育委員会
 千葉県教育委員会と広島県教育委員会は2020年2月21日、公立高等学校入学者選抜等における新型コロナウイルス感染症への対応について公表した。千葉県は3月18日、広島県は3月23日に追検査を実施する。

 千葉県は、後期選抜、地域連携アクティブスクールの二期入学者選抜および通信制の課程の二期入学者選抜について、3月2日に学力検査等を実施する。このうち、後期選抜および地域連携アクティブスクールの二期入学者選抜に出願した者で、新型コロナウイルス感染症の影響で受検ができなくなった者については、3月18日に追試験を行う。

 実施内容は、全県統一問題による学力検査(国語・数学・英語 各50点の一括問題を90分で実施)、面接・作文・学校独自問題などの必要に応じて各高校が実施する検査(学校裁量で実施)。受検手続きは、追検査の受検を希望する旨を当該高校に届け出ること。選抜は募集定員の外枠で行われ、3月19日に合格者が発表される。なお、通信制の課程の二期入学者選抜に出願後、新型コロナウイルス感染症の影響により受検できなくなった志願者については、同三期または四期入学者選抜を受検できるという。

 広島県は、全日制の課程・定時制の課程・フレキシブル課程(定時制・通信制)の選抜(II)について、3月5日・6日に学力検査等を実施する。新型コロナウイルス感染症に感染またはその疑いにより、選抜(II)等の受検ができなかった者を対象に、受検機会を確保する観点から、3月23日に追検査を行う。なお、感染または疑いのある者として校長による出席停止の措置を受けており、出席停止の期間が選抜(II)等の実施日を含むことも要件となる。

 検査方法は、各高等学校が定める選抜(II)等の追検査方法に準じて実施。定員などの実施の詳細については、別途定める。特別支援学校高等部の入学者選抜についても、選抜(II)等と同様の対応。各特別支援学校高等部が定める二次募集の検査方法に準じて実施する。

 対象者となる受検生は、必ず在籍する中学校を通して、県教育委員会(市立高校に出願している場合は市教育委員会)に速やかに申し出ること。広島県の公立高校入学者選抜では、当日の検査中を含めてマスクの着用を認めている。新型コロナウイルスについては日々状況が変化しているため、今後も必要に応じて追加的な措置を実施する場合があるという。

 そのほか、埼玉県は2月17日付で、新型コロナウイルス感染症により2月28日実施の学力検査を受検できなかった者について、インフルエンザ罹患をはじめとするやむを得ない事情と同様に追試験を実施すると公表。追検査の実施日は3月4日。なお、学力検査、追検査等を受検できなかった志願者の選抜に際して、その事由を証明する書類を提出させ、当該志願者に不利にならないよう留意し、各高校で取扱いを定めることが選抜要領に明記されている。

 神奈川県は2月12日付で、一般募集共通選抜等における新型コロナウイルス感染症への対応を公表。新型コロナウイルス感染症と診断または保健所・保健福祉事務所の判断により健康観察の対象となった受検者について、2月に実施する検査の受検ができなかった場合は追加の検査を実施する。学力検査や面接などのインフルエンザ罹患者等を対象とした追検査はすでに終了しているが、新型コロナウイルス感染症に関連して対象者となる受検生は、必ず在籍している中学校を通して、志願先の高等学校または神奈川県教育委員会高校教育課入学者選抜・定員グループに、2月26日までに相談すること。

 大阪府は、全日制の課程について、3月11日に一般入学者選抜の学力検査を実施。2月18日付の知事からのメッセージでは、感染予防に配慮のうえで実施する考えを示している。

 文部科学省は2020年2月19日付で、高等学校入学者選抜等における新型コロナウイルス感染症への対応について、第2報を発表。試験会場の清掃やアルコール消毒、こまめな換気の実施、試験会場へのアルコール消毒液の設置、咳エチケットや手洗いの励行の呼びかけなど可能な範囲で感染症対策を行うこと、学校において児童生徒等が新型コロナウイルス感染症に罹患した場合や地域での流行の状況により、都道府県保健衛生部局などから学校の臨時休業の要請があった際には、入学試験の延期などを検討し、適切な措置を講じることなどを新たに盛り込んだ。

 各教育委員会は、Webサイトにて入試に関する情報を発信している。最新の情報や各地域の情報については、教育委員会の公式情報を参考にすること。
《黄金崎綾乃》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top