【家庭学習・無償】eboard、オンライン学習教材・利用に関する研修を無償提供(コロナ対応)

 eboard(イーボード)は2020年2月27日より、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために休校となった学校、および休校となった学校に在籍する不登校児童・生徒が通うフリースクールなどに、オンライン学習教材とその利用に関するオンライン研修を無償で提供している。

教育・受験 先生
eboard
  • eboard
  • 新型コロナウイルス休校措置校、フリースクールなどに教材・オンライン研修を無償提供
 eboard(イーボード)は2020年2月27日より、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために休校となった学校、および休校となった学校に在籍する不登校児童・生徒が通うフリースクールなどに、オンライン学習教材とその利用に関するオンライン研修を無償で提供している。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、北海道札幌市や千葉県市川市などで市立小中学校を休校とする措置がとられている。今後のさらなる感染拡大の状況によっては、児童・生徒の学習への影響が懸念される。

 eboardはオンライン学習教材eboardについて、従来より無償でアカウント取得が可能な公立学校に加えて、私立学校や、休校となった学校に在籍する不登校児童・生徒が通うフリースクールなどの民間教育施設に対しても、無償でアカウントを提供する。

 さらに、これまで全国地方都市で開催してきたオンライン学習教材eboardの利活用に関する研修会をオンラインで無償開催し、利活用についてのサポートも行う。

 無償提供期間は、休校期間とその終了後1週間。公立学校は、要望に応じて継続利用が可能。オンライン研修は、オンライン会議システムZoom(ズーム)により開催する。参加には、eboardのWebサイトからの事前申込が必要。

 オンライン学習教材eboardは、約2,500本の映像授業と約7,000問のデジタルドリルを活用して、基礎・基本の内容から学習することができる。第11回日本eラーニング・アワード文部科学大臣賞、第1回社会課題の解決を支えるICTサービス大賞「社会課題解決部門」部門賞を受賞している。

◆eboard無償提供について
無償提供対象:新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、休校となった公立および私立学校。休校となった学校に在籍する不登校児童・生徒が通うフリースクールやオルタナティブスクールなどの民間教育施設
無償提供期間:休校期間とその終了後1週間。公立学校については、要望に応じて継続利用が可能
オンライン研修への参加:eboardのWebサイトからの事前申込が必要
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)