国境なき医師団日本、新型コロナ危機対応の寄付募集

 国境なき医師団(MSF)日本は2020年3月26日から、活動資金の一部を日本から拠出することを目指し、新型コロナウイルス感染症への医療援助活動および危機対応の寄付の募集を開始した。寄付はオンライン、ゆうちょ銀行への振込み、電話で受け付ける。

生活・健康 その他
ベルギーの首都ブリュッセルに特設された医療テントで、感染疑いのある移民の医療援助にあたる国境なき医師団スタッフ (c) Joffrey Monnier/MSF
  • ベルギーの首都ブリュッセルに特設された医療テントで、感染疑いのある移民の医療援助にあたる国境なき医師団スタッフ (c) Joffrey Monnier/MSF
  • 国境なき医師団日本
  • 新型コロナ危機対応の寄付募集
 国境なき医師団(MSF)日本は2020年3月26日から、活動資金の一部を日本から拠出することを目指し、新型コロナウイルス感染症への医療援助活動および危機対応の寄付の募集を開始した。寄付はオンライン、ゆうちょ銀行への振込み、電話で受け付ける。

 MSFは2020年1月末、香港で開始した感染予防啓発活動を皮切りに、中国・武漢市の病院への医療用保護具提供など、新型コロナウイルスの感染拡大にあわせた対応を行ってきた。

 現在は、死亡者数で中国を上回ったイタリアで、特に流行の深刻な北部の病院を支援しており、フランスとベルギーでは、ホームレス、移民、保護者のいない未成年者など特に脆弱な人々の検査・ケアに協力しているという。

 そのほかスペインやギリシャ・レスボス島のモリア難民キャンプなどで感染拡大に備えて、緊急時の対応を敷いている。

 同時にMSFは、アフリカ、中東、東南アジア、オセアニア、中南米地域などの、以前から医療援助プログラムを展開している国と地域において、活動の見直しを行い、新型コロナウイルス感染予防を中心に、流行への備えを進めている。

 MSF全体の予算は約120億円(1億ユーロ)で、日本からは約7億円(538万ユーロ)の調達を目指す。寄付はオンライン、ゆうちょ銀行への振込み、電話(クレジットカード決済)で受け付ける。

 外国為替により変動するが、支援でできることの一例として、3,000円で医療用防護服1着の提供、5,000円で医療用防護マスク42枚の提供、1万円では耐溶剤手袋21双を提供できるという。

 募金で集められた資金は、MSFが世界各地で行う新型コロナウイルス感染症の緊急援助活動と感染症拡大の影響に伴うそのほかの援助活動に割りあてられる。

 この活動に必要な資金を上回る寄付が寄せられた場合は、そのほかの緊急援助活動にあてられる。また、活動状況や資金調達状況に応じて、募金の受付を予告なく終了する場合がある。

◆新型コロナウイルス感染症対応募金
募集開始:2020年3月26日(木)
受付方法:Webサイトから申込み・ゆうちょ銀行への振込み、電話(クレジットカード決済)
※活動状況や資金調達状況に応じて、募金の受付を予告なく終了する場合がある
《鈴木あさり》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)