京都先端科学大、京都光楠学園と合併し中高大一貫へ

 永守学園と京都光楠学園は、永守学園の2020年3月28日開催の理事会および光楠学園の3月19日開催の理事会において、両学園の合併に向けた協議を開始することを決議し、4月1日に合併基本合意書を締結した。

教育業界ニュース その他
永守学園
  • 永守学園
  • 永守学園と京都光楠学園の概要
  • 京都光楠学園 京都学園中学高等学校
 永守学園と京都光楠学園は、永守学園の2020年3月28日開催の理事会および光楠学園の3月19日開催の理事会において、両学園の合併に向けた協議を開始することを決議し、4月1日に合併基本合意書を締結した。

 永守学園と京都光楠学園は、中学高校教育と大学教育とを区分したままでは、グローバル社会で通用する人材を育成・輩出していくことに限界があることを基本認識として、中高大一貫教育を実現すべく両学園の合併に向けた協議を開始することで合意に至った。なお、永守学園は京都先端科学大学と京都がくえん幼稚園・保育園、京都光楠学園は京都学園中学校高等学校を傘下に置く。

 合併予定日は2021年4月1日。永守学園を存続法人とし、法人名変更は行わない。理事長は引き続き永守重信氏が務める。合併手続きについては文部科学省法令に従い、認可申請を行う。

 今後の展望(案)として、2022年度入学生からの内部進学制度導入、中高大一貫カリキュラムの設計・新たな教育プログラムの開発、京都先端科学大学工学部との連携によるSTEAM教育の推進(英語によるサマーキャンプなどを検討)を目指す。ただし、これらは現時点で確定しているものではなく、具体的な内容に関しては今後の協議の中で決定する。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)