【休校支援】身近な環境でできる自然観察ツール無償公開

 日本自然保護協会(NACS-J)は2020年4月17日、休校中の子ども向けに、身近な自然と親しむことに役立つヒント集や教材資料を「『休校中のみなさんへ』コロナにまけるな!Stay Home with Nature」として、特設Webサイトで無償公開したことを発表した。

教育・受験 小学生
特設サイトコンテンツ
  • 特設サイトコンテンツ
  • 特設サイトコンテンツ
  • 特設サイトコンテンツ
  • 特設サイトコンテンツ
  • 特設サイトコンテンツ
  • Stay Home with Nature
  • 日本自然保護協会
 日本自然保護協会(NACS-J)は2020年4月17日、休校中の子ども向けに、身近な自然と親しむことに役立つヒント集や教材資料を「『休校中のみなさんへ』コロナにまけるな!Stay Home with Nature」として、特設Webサイトで無償公開したことを発表した。

 「『休校中のみなさんへ』コロナにまけるな!Stay Home with Nature」では、家の周りや散歩の中で自然を観察するポイントや、生きものの姿・不思議に気付けるヒントを子どもの世代別のコンテンツとして提供している。

 部屋にこもりがちな今だが、自然への眼差しや気付きの体験は、身近にある1本の木やベランダや庭でも楽しめる。公開されたコンテンツは親子、家庭用や教育用に印刷配布の利用も可能。

 第1弾の公開資料は、日本自然保護協会の自然観察リーダーや教育関係者にも人気の高い3タイプ。1本の木をゲーム感覚で楽しむ、幼児から親子向けの「身近な木にひそむ未知のせかいを見つけよう」、小学生から大人まで多数のイラストで気軽に自然観察が身に付く「自然かんさつ入門シリーズ」、小学校高学年から、中高生、大学生も自然の不思議に気付ける「今日からはじめる自然観察シリーズ」と、幼児から大人まで楽しめる資料がそろっているという。

 日本自然保護協会の特設Webサイトで公開され、スマートフォンでの表示、PDFファイルでダウンロードも可能。公開したツールの一部は、5月6日までの期間限定を予定している。
《鈴木あさり》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)