9月入学も選択肢に…首相と文科相が検討へ

 学校休校の長期化を見越した「9月入学・新学期」について、安倍首相は2020年4月29日の衆議院予算委員会で「このくらい大きな変化がある中、前広にさまざまな選択肢を検討していきたい」と述べた。

教育・受験 高校生
画像はイメージ
  • 画像はイメージ
 学校休校の長期化を見越した「9月入学・新学期」について、安倍首相は2020年4月29日の衆議院予算委員会で「このくらい大きな変化がある中、前広にさまざまな選択肢を検討していきたい」と述べた。

 新型コロナウイルスの感染状況を受け、学校休校が長期化している。オンライン授業は対応できるところもあれば、対応できないところもあり、格差が広がりつつある。また、学校休校の長期化を見越して「9月入学・新学期」への移行を求める声もあがっている。

 2020年4月29日の衆議院予算委員会で安倍首相は、9月入学・新学期について「子どもたちや保護者はもとより、社会全体に大きな影響を及ぼすのだから慎重に、という意見もあることは十分承知している」と前置きしながら、「このくらい大きな変化がある中、前広にさまざまな選択肢を検討していきたい」と述べた。

 萩生田文部科学大臣は、「さまざまなことを考えていかないと、子どもたちへの学びの保証ができないと思う」と述べ、9月入学・新学期への移行については「社会全体に影響を及ぼすため、各方面との調整を進めながら、大きな選択肢のうちの1つとして取り組んでいきたい」との考えを示した。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)