レゴロボット動画コンテスト、一般投票6/1まで

 アフレルは2020年5月21日から6月1日まで、小中学生を対象とした「第5回EV3&WeDo2.0ロボット動画コンテスト」の一般投票を受け付けている。応募作品42作品はWebサイトで公開されている。投票数が多い作品には「一般投票賞」が贈られる。

教育ICT 中学生
第5回EV3&WeDo2.0ロボット動画コンテスト
  • 第5回EV3&WeDo2.0ロボット動画コンテスト
  • 各賞・副賞
 アフレルは2020年5月21日から6月1日まで、小中学生を対象とした「第5回EV3&WeDo2.0ロボット動画コンテスト」の一般投票を受け付けている。応募作品42作品はWebサイトで公開されている。投票数が多い作品には「一般投票賞」が贈られる。

 第5回EV3&WeDo2.0ロボット動画コンテストは、レゴマインドストームEV3もしくはレゴWeDo2.0を使ってロボットを作り、プログラムして動かした作品の動画を審査するコンテスト。「機構」「アイデア」「映像の魅力」の3点に注目して審査し、子どもたちのものづくりへの情熱を応援する。

 今回は「夢 ~Dream~」をテーマに、90秒以内の動画に撮影・編集した作品を5月10日まで募集。全国の子どもたちからアイデアあふれる42作品(EV3部門/19作品・WeDo 2.0部門/23作品)が寄せられた。応募作品はWebサイトで公開されており、6月1日まで一般投票を受け付けている。

 各動画の「いいね」ボタンをクリックすることで投票できる。1作品につき1日1回投票ができるので、応援したい作品は何度でも投票してほしいという。投票数が多い作品には「一般投票賞」として、アフレルオリジナル図書カードとSPIKE プライムミニハブが贈られる。

 また、6月中旬には審査が行われ、6月25日にグランプリなど各賞が発表される。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)