中高生に活躍の場を…日本陸連、競技会を10月に開催

 日本陸上競技連盟は2020年6月4日、中学生・高校生の全国大会中止に伴う連盟主催競技会の対応を発表。中学生、高校生の活躍の場として、連盟主催で2つの競技会を2020年度に限り開催することとした。

教育・受験 高校生
日本陸上競技連盟
  • 日本陸上競技連盟
  • 陸上フォトコンテスト
 日本陸上競技連盟は2020年6月4日、中学生・高校生の全国大会中止に伴う連盟主催競技会の対応を発表。中学生、高校生の活躍の場として、連盟主催で2つの競技会を2020年度に限り開催することとした。

 新型コロナウイルスの影響で、第47回全日本中学校陸上競技選手権大会(2020年8月17日~8月20日・三重)と第73回全国高等学校陸上競技対校選手権大会(2020年8月12日~8月16日・静岡)の開催中止を決定している。しかし、中止となったそれぞれの大会意義を考慮し、連盟主催の大会を開催することになった。

 開催されるのは、「JOCジュニアオリンピックカップ 第51回U16 陸上競技大会」で、10月16日~10月18日に日産スタジアム(神奈川)で行われる。同大会は、第47回全日本中学校陸上競技選手権大会の意義を考慮したもので、中学生競技者の目標となり、活躍の場とする。参加資格(カテゴリー)・実施種目の変更を検討している。

 さらに、中止になった第73回全国高等学校陸上競技対校選手権大会の意義を考慮して開催されるのが、「第36回U20/第14回U18 日本陸上競技選手権大会」。開催は、10月23日~10月25日、エディオンスタジアム広島(広島)で行われる。参加資格(カテゴリー)・実施種目の変更や、競技日程上、実施できない種目については検討していく。U20に該当する大学生については、同大会の中で別途設定する。

 また、日本陸上競技連盟は、日本各地で大会の中止や延期が続いていることから、競技場で再会できる日・そして陸上競技を心から楽しめる日に向けて6月1日の「写真の日」にちなみ、さまざまな「陸上」にまつわる写真を募集した「陸上フォトコンテスト~夢と希望あふれる1シーンを大募集!~」を開催。募集は6月14日までで、「#笑顔部門」や「#縁の下の力持ち部門」など6部門のテーマに合わせた写真をTwitterまたはInstagramへ投稿する。ただし、公式Twitterアカウント(@jaaf_official)またはInstagramアカウント(@jaaf_official)のフォローが必要。詳細はWebサイトで確認できる。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)