新国立劇場「蝶々夫人」無料配信…6/19午後2時まで

 新国立劇場は2020年6月12日午後3時より、週替わりで公演記録映像を無料配信する「巣ごもりシアター」にて「蝶々夫人」(高校生のためのオペラ鑑賞教室2019年公演)を配信する。

デジタル生活 その他
新国立劇場「蝶々夫人」より 撮影:寺司正彦
  • 新国立劇場「蝶々夫人」より 撮影:寺司正彦
  • 新国立劇場「蝶々夫人」より 撮影:寺司正彦
  • 新国立劇場「蝶々夫人」より 撮影:寺司正彦
  • 新国立劇場「蝶々夫人」より 撮影:寺司正彦
  • 新国立劇場「蝶々夫人」より 撮影:寺司正彦
  • 新国立劇場「蝶々夫人」より 撮影:寺司正彦
  • 新国立劇場「蝶々夫人」より 撮影:寺司正彦
  • 新国立劇場「蝶々夫人」より 撮影:寺司正彦
 新国立劇場は2020年6月12日午後3時より、週替わりで公演記録映像を無料配信する「巣ごもりシアター」にて「蝶々夫人」(高校生のためのオペラ鑑賞教室2019年公演)を配信する。

 「巣ごもりシアター」は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により6月末までの主催公演を中止している新国立劇場が4月10日より開始した、週替わりで公演記録映像を無料配信するオンラインサービス。これまでにオペラ公演とバレエ公演の計8作品を配信している。

 6月12日午後3時より配信するのは、G.プッチーニ作曲のオペラ「蝶々夫人」(高校生のためのオペラ鑑賞教室2019年公演)。指揮は飯森範親氏、演出は栗山民也氏、合唱は新国立劇場合唱団、管弦楽は東京フィルハーモニー交響楽団が務めた。現代の決定版として、カメラの台数を増やして収録したスペシャル映像にて配信する。

 明治時代の長崎を舞台とした物語は、15歳の少女が米国海軍士官と結ばれ、帰りを待ち続けた後に夫の裏切りを知り、命を絶つ決断をするというもの。新国立劇場での上演回数は110回以上で、これまでにのべ17万人以上の観客を動員した。

 「蝶々夫人」はイタリア語上演、日本語字幕付。新国立劇場オペラWebサイトにて、6月19日午後2時まで視聴できる。なお、巣ごもりシアターは「蝶々夫人」に続く「ウェルテル」の配信をもって、6月26日に終了する。

◆巣ごもりシアター「蝶々夫人」
配信期間:2020年6月12日(金)15:00~19日(金)14:00
視聴方法:新国立劇場オペラWebサイトにて視聴
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)