【高校受験2021】三重県立高、前期選抜の出題範囲縮小

 三重県教育委員会は2020年7月10日、2021年度(令和3年度)三重県立高等学校入学者選抜について、出題範囲や実施要項を発表した。実施要項には、入学定員や選抜方法などが記載されている。

教育・受験 中学生
2021年度(令和3年度)三重県立高等学校入学者選抜の学力検査について
  • 2021年度(令和3年度)三重県立高等学校入学者選抜の学力検査について
  • 入学定員を増減する学校・学科・コース
  • 入学定員を増減する学校・学科・コース
  • 選抜日程
 三重県教育委員会は2020年7月10日、2021年度(令和3年度)三重県立高等学校入学者選抜について、出題範囲や実施要項を発表した。実施要項には、入学定員や選抜方法などが記載されている。

 新型コロナウイルス感染症による中学校の臨時休校を踏まえ、三重県教育委員会は、市町等教育委員会に依頼した「中学校3年生等の2021年2月以降における学習内容について」の調査結果や、市町等教育委員会の意見をもとに、2021年度高等学校入学者選抜の対応について検討してきた。

 学力検査の出題範囲について、中学校で2月以降に学習する内容を踏まえ、前期選抜の出題範囲を縮小する。出題範囲から除外する内容は、国語が「中学3年生の教科書で学習する新出漢字および新出音訓」「『書写に関する事項』のうち中学3年生で学習する内容」、数学が「図形のうち『円周角と中心角』『三平方の定理』」「資料の活用のうち『標本調査』」、英語が「主語+動詞+whatなどで始まる節」「主語+tell、wantなど+目的語+to不定詞」「関係代名詞のうち、主格のthat、which、whoおよび目的格のthat、whichの制限的用法」。なお、前期選抜の英語は、例年どおり英和辞典および和英辞典の使用を認める。後期選抜と再募集では出題範囲の除外はない。

 また、部活動などの評価は、新型コロナウイルス感染症の影響により中止や延期となった行事や大会などに参加できなかったことで不利益とならないようにする。

 実施要項によると、全日制で入学定員を減らす学校は、いなべ総合学園や四日市西など18校、入学定員を増やす学校は、名張のみ1校。合計640人減らし、1万760人募集する。なお、定時制や通信制は定員の増減なし。

 選抜日程は、前期選抜が願書受付を2021年1月22日から27日まで、面接などの検査を2月3日と4日、合格内定通知を2月15日に行う。後期選抜が願書受付を2月22日から26日まで、志願変更を3月3日から5日まで、学力検査を3月10日、合格発表を3月18日に行う。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)