休校中にオンライン授業を受けた高校生・大学生などは約7割

 新型コロナウイルス感染症の影響による臨時休校で、オンライン授業を「受けた」学生は68.8%であることが、ソニー生命保険が2020年7月21日に発表した「コミュニケーションに関する意識調査2020」の結果より明らかになった。

教育・受験 高校生
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、学校が臨時休業となってから、オンライン授業を受けたか
  • 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、学校が臨時休業となってから、オンライン授業を受けたか
  • 授業は対面が欠かせないと思うか
  • (上)進路相談は対面が欠かせないと思うか/(下)部活は対面が欠かせないと思うか
 新型コロナウイルス感染症の影響による臨時休校で、オンライン授業を「受けた」学生は68.8%であることが、ソニー生命保険が2020年7月21日に発表した「コミュニケーションに関する意識調査2020」の結果より明らかになった。

 調査は、15歳~69歳の男女を対象に実施したもの。1,000名の有効サンプルを集計した。このうち、「教育におけるコミュニケーション」に関する調査は学生215人の回答をまとめている。調査期間は2020年6月17日~19日。

 新型コロナウイルスの影響により、多くの学校が臨時休校となった。休校中にオンライン授業を「受けた」学生は68.8%、「受けなかった」は31.2%。学生区分別に見ると、オンライン授業を「受けた」と回答したのは、高校生48.8%、大学生・短大生・専門学校生(大学生など)80.7%だった。

 「授業は対面が欠かせない」について、「そう思う(『非常にそう思う』『ややそう思う』の合計)」は60.5%、「そう思わない(『あまりそう思わない』『まったくそう思わない』の合計)」は39.5%だった。

 これをオンライン授業の受講状況別に見ると、「そう思う」はオンライン授業を受けた学生が64.2%で、オンライン授業を受けなかった学生52.2%よりも12.0ポイント高い結果となった。オンライン授業を受けてみて、授業における対面コミュニケーションの価値を再認識した学生が多かったことがうかがえる。

 また、「進路相談は対面が欠かせない」は「そう思う」58.6%。学生区分別では、高校生72.5%、大学生など50.4%と、高校生のほうが22.1ポイント高い。「部活は対面が欠かせない」は「そう思う」68.8%で、高校生67.5%、大学生など69.6%だった。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)