私学の感染予防、9割超が消毒液配備…教職員対策は後回し

 全国私立学校教職員組合連合は2020年8月6日、「『臨時休校・学校再開』にかかわる私学の生徒と学校実態調査」の結果を公表した。学校の感染予防は、9割超が教室などに消毒液を配備し、8割弱が子どもの検温を実施する一方、教職員対策は後回しになりがちな実態にあった。

教育・受験 先生
全国私立学校教職員組合連合
  • 全国私立学校教職員組合連合
 全国私立学校教職員組合連合(全国私教連)は2020年8月6日、「『臨時休校・学校再開』にかかわる私学の生徒と学校実態調査」の結果を公表した。学校の感染予防は、9割超が教室などに消毒液を配備し、8割弱が子どもの検温を実施する一方、教職員への対策は後回しになりがちな実態にあった。

 「『臨時休校・学校再開』にかかわる私学の生徒と学校実態調査」は、2020年6月~7月末の期間で加盟校の教職員組合を中心に調査用紙を配布し、各学校(全日制私立高校および私立中学校)の協力を得て回収。27都道府県217校から回答を得た。

リシードで全文を読む
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)