大阪府、学校の長期休業明け「悩み相談」を強化

 大阪府は2020年8月27日、学校長期休業明けにおけるLINE相談および電話相談の充実について公表した。通常のLINE相談に特設日を加え、電話相談「すこやかダイヤル」は推進週間の第2期を設定し、相談体制を強化した。

生活・健康 小学生
電話相談「すこやかダイヤル」推進週間
  • 電話相談「すこやかダイヤル」推進週間
  • 大阪府
 大阪府は2020年8月27日、学校長期休業明けにおけるLINE相談および電話相談の充実について公表した。通常のLINE相談に特設日を加え、電話相談「すこやかダイヤル」は推進週間の第2期を設定し、相談体制を強化した。

 大阪府教育センターは、学校での悩みなどについて、LINEや電話、電子メール、ファクスでの相談に応じ、解決に向けた支援を行っている。夏休みが終わり、授業が再開されたこの時期の子どもたちは、学校への不適応を起こしやすく、例年、相談が多くなる。特に今年は、新型コロナウイルス感染症の影響で、さまざまな不安やストレスを抱いている子どもたちが多数いると考えられる。このため、通常よりも相談体制を強化し、子ども・保護者・教職員から寄せられる不安や悩みの相談に応じる。

 LINE相談「すこやか相談@大阪府」は、毎週月曜日に加えて特設日を設ける。特設日は8月30日、9月1日の2日間。相談時間は午後5時~午後9時まで(受付時間は午後8時30分まで)。対象は府内の公立・私立すべての小学校、中学校、高等学校、支援学校(政令市立を除く)に通学する児童生徒約67万人。相談方法は、各学校に配付しているポスター・カードに掲載しているQRコードからアカウントを登録する。

 電話相談「すこやかダイヤル」推進週間の第2期は、8月31日~9月4日。相談時間は午前9時30分~午後5時30分。ただし、電子メール・ファクスは24時間受け付ける(回答は後日)。対象は児童生徒、保護者、教職員。なお、推進週間終了後も通常の相談に応じる。第3期は11月9日~11月13日を予定している。

 相談内容に応じて、適切に解決が図られるよう、精神科医・臨床心理士・公認心理師などの専門相談員が対応するほか、教育庁各室課や子ども家庭センター、こころの健康総合センターなどの関係機関とも連携を図るという。

◆LINE相談「すこやか相談@大阪府」の特設日
日時:2020年8月30日(日)、9月1日(火)17:00~21:00、毎週月曜日に加えて実施
相談方法:各学校に配付しているポスター・カードに掲載しているQRコードからアカウトを登録

◆電話相談「すこやかダイヤル」推進週間
日時:2020年8月31日(月)~9月4日(金)9:30~17:30
実施方法:電話、電子メール、ファクス
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)