【台風10号】特別警報級の勢力で上陸の恐れ…早めの備えを

 気象庁が2020年9月3日午後1時10分に発表した台風情報によると、台風10号は5日から6日にかけて沖縄地方に接近する見込み。その後も特別警報級の勢力を維持したまま北上を続け、6日から7日にかけて奄美地方から九州に接近または上陸するおそれがある。

生活・健康 その他
台風経路図(2020年9月3日12時)
  • 台風経路図(2020年9月3日12時)
  • 暴風による災害への備え
  • 高波・高潮による災害への備え
  • 大雨による災害への備え
 気象庁が2020年9月3日午後1時10分に発表した台風情報によると、台風10号は5日から6日にかけて沖縄地方に接近する見込み。その後も特別警報級の勢力を維持したまま北上を続け、6日から7日にかけて奄美地方から九州に接近または上陸するおそれがある。

 台風10号(ハイシェン)は、日本の南を1時間におよそ20キロの速さで西へ進んでいる。台風の中心は、24時間後の4日正午には南大東島の南東約550キロの北緯22度00分、東経134度40分を中心とする半径65キロの円内に達し、非常に強い台風になる見込み。台風の接近に伴い沖縄地方では、大東島地方を中心に次第に風が強まり5日から6日にかけて暴風となる。奄美地方から西日本でも、6日から7日にかけて広い範囲で暴風となる。5日は、沖縄地方で猛烈な風が吹き、奄美地方では非常に強い風が吹くと予想される。

 台風が接近する地方では、記録的な暴風、高波、高潮、大雨となるおそれがあるため、気象庁は「最大級の警戒」をし、週末を迎える前に台風への備えを終わらせるよう呼びかけている。台風災害への対策と安全確保として、到達36~48時間前は「低地に住んでいる場合は、土のうなどを用意する」「屋根瓦やトタンを補強する」、到達12~36時間前は「懐中電灯や食料などを用意する」「家財道具を高い場所へ移す」、到達6~12時間前は「行政から避難勧告が出た場合は、複数で行動する」、到達6時間前~到達直前は「すぐ避難できるように準備する」「地下にいる場合は注意する」、災害発生時は「通過中は外へ出ない」「エレベータを使わない」などをあげている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)