【台風12号】9/24-25に東日本・東北地方に接近の恐れ

 気象庁によると、台風12号は2020年9月24日から25日にかけて東日本から東北地方に接近する恐れがある。台風や前線の影響で東日本から東北地方の太平洋側を中心に25日にかけて雷を伴った激しい雨が降り、大雨となる所もあるという。

生活・健康 その他
台風経路図
  • 台風経路図
  • 暴風域に入る確率
 気象庁によると、台風12号は2020年9月24日から25日にかけて東日本から東北地方に接近する恐れがある。台風や前線の影響で東日本から東北地方の太平洋側を中心に25日にかけて雷を伴った激しい雨が降り、大雨となる所もあるという。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に注意が必要だ。

 気象庁が2020年9月23日午前6時45分に発表した台風情報によると、台風12号(ドルフィン)は日本の南を1時間におよそ20キロの速さで北北東へ進んでいる。24時間後の24日午前6時には八丈島付近の北緯33度10分、東経139度50分を中心とする半径105キロの円内に達する見込み。

 台風は今後、日本の南を北上し、次第に進路を東よりに変えて、9月24日から25日にかけて東日本から東北地方に接近する恐れがある。台風や前線の影響で、東日本から東北地方の太平洋側を中心に25日にかけて、大気の状態が非常に不安定となるため、雷を伴った激しい雨が降り、大雨となる所があると予想される。

 予想される雨量は、9月24日午前6時までの24時間に多い所で、東海地方と伊豆諸島が200ミリ、関東甲信地方が150ミリ、東北地方が80ミリ。その後、25日午前6時までの24時間に多い所で、関東甲信地方200から300ミリ、東北地方と伊豆諸島が100から200ミリ、東海地方が50から100ミリの見込み。

 気象庁は、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意し、竜巻などの激しい突風や落雷に注意するよう呼びかけている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)