遠隔教育の格差解消へ…富国生命、世界銀行の74億円債券へ投資

 富国生命保険は2020年9月24日、世界銀行傘下の国際復興開発銀行が23日に発行したサステナブル・ディベロップメント・ボンドへ投資したと発表した。日本円で総額74億2,000万円相当。債券投資を通じて、コロナ禍で浮き彫りとなった遠隔教育の格差解消の取組みを支援する。

教育業界ニュース その他
世界銀行
  • 世界銀行
 富国生命保険は2020年9月24日、世界銀行傘下の国際復興開発銀行(IBRD)が23日に発行したサステナブル・ディベロップメント・ボンドへ投資したと発表した。総額7,000万米ドル(日本円で74億2,000万円相当)。債券投資を通じて、コロナ禍で浮き彫りとなった遠隔教育の格差解消の取組みを支援する。

 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う学校閉鎖などにより、世界中の子どもたちの安全、健康、学習、社会性と感情の発達に悪影響が及んでいるという。各国が学校を再開する一方、世界で約10億人の生徒が今も登校できずにいる。また、遠隔学習の取組みが世界中に広がる中、「デジタル・ディバイド(情報格差)」により遠隔授業を受けられない貧困層では教育の質の格差が拡大している。

リシードで全文を読む
《畑山望》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)