ソニー、冬休みに自宅でプログラミング体験できるワークショップ

 ソニーは2020年12月19日から2021年1月10日に、自宅でプログラミング体験や発明ができるオンラインワークショップ「おうちdeチャレンジ!MESH発明ワークショップ オンライン」を開催する。参加費用は無料。申込締切は2020年12月6日。

教育ICT 小学生
おうちdeチャレンジ!MESH発明ワークショップ オンライン
  • おうちdeチャレンジ!MESH発明ワークショップ オンライン
  • 過去のオンラインセミナーのようす
 ソニーは2020年12月19日から2021年1月10日に、自宅でプログラミング体験や発明ができるオンラインワークショップ「おうちdeチャレンジ!MESH発明ワークショップ オンライン」を開催する。参加費用は無料。申込締切は2020年12月6日。

 2020年7月よりソニーが開始した「CurioStep with Sony(キュリオステップ)」は、クリエイティビティとテクノロジーの体験を通して子どもたちの好奇心を拡げ、創造性や問題解決力、多様性を受け入れる力の向上をサポートする教育プログラム。「おうちdeチャレンジ!MESH発明ワークショップ オンライン」はこの一環として開催される。

 ソニーではこれまでにも、IoTブロック「MESH(メッシュ)」を使用し、プログラミングや発明の楽しさを体験できるワークショップを開催してきた。実際に集まって体験する機会をもつことが難しい今、自宅からオンラインで参加できるワークショップを企画。必要な機材は約3週間貸出されるため、参加者はMESHとタブレットを使って自宅でじっくりとプログラミングに挑戦することができ、ほかの子どもたちと繋がりさまざまなアイデアに触れる、オンラインならではの体験機会を得ることができる。

 このワークショップは2回完了型。「MESH」貸出の約3週間の期間中に、2回のオンラインワークショップ(各回90分)に参加できる。第1回ではプログラミングの考え方、MESHの使い方について学び、MESHと身の回りのものを組み合わせて簡単な作品づくりに挑戦する。その後、第2回までの間に、各自が自宅の中の好きな場所やものをMESHでパワーアップさせ、そのようすを動画撮影し指定の場所に投稿。第2回は皆で投稿された動画をみながら、それぞれ工夫したところを発表してもらい、ほかの参加者の作品についてどんなところが良かったかを互いにコメントし合う。

過去のオンラインセミナーのようす
過去のオンラインセミナーのようす

 参加費は無料。定員は各回10組20名×4グループ(合計40組)で、対象は小学3年生から中学3年生までの児童・生徒とその保護者。実施はオンライン(Microsoft Teamsを使用)のため、インターネット接続可能なPCまたはタブレットを用意することが参加条件となる。申込期間は2020年11月17日から2020年12月6日だが、応募者多数の場合には抽選とし、12月8日までに当・落選通知のメールが届くという。ワークショップ参加のためのURLは後日当選者へ通知される。

◆おうちdeチャレンジ!MESH発明ワークショップ オンライン
実施日時:2020年12月19日(土)・2021年1月9日(土)または2020年12月20日(日)・2021年1月10日(日)
 ※実施日時はグループ(4グループ)によって異なるため申込の際に要確認
対象:小学3年生から中学3年生までの児童・生徒と保護者
定員:各回10組20名×4枠、合計40組
申込期間:2020年11月17日(火)~2020年12月6日(日)

詳細・申込みはこちら

 CurioStepでは、今回開催する「MESH発明ワークショップ」のほかにも、MESHとロボットトイの「toio(トイオ)」を用いてゲーム作品を作る「おうちdeチャレンジ!MESH×toioワークショップ オンライン」も開催予定。今後の開催情報は、以下より確認できる。

CurioStep with Sony公式サイト

 過去のワークショップでの作品動画はCurioStepの公式Facebookから見ることができる。

CurioStep with Sony公式Facebook
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)