高校就学継続が困難は3割以上…都内ひとり親家庭

 新型コロナウイルスによる経済的な影響により、都内ひとり親家庭の3割以上の世帯が「高校中退の可能性がある」と考えていることが、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの調査で明らかになった。

教育・受験 高校生
高校生活における経済的負担などに関する調査
  • 高校生活における経済的負担などに関する調査
  • Q1. 新型コロナウイルスの影響により、高校生活にかかる費用を支払えなかったことはありますか。
  • Q2. 新型コロナウイルスによる経済的な理由により、今後高校就学を続けられない可能性はありますか。
  • Q3. 給付金の使途予定をお教えください。
  • Q4. 世帯の経済状況
  • 新型コロナウイルスの影響で、支出が増えた費目を選択してください。
  • Q. 現在の高校生の過ごす環境について、当てはまるご家庭の状況を選択してください。
 新型コロナウイルスによる経済的な影響により、都内ひとり親家庭の3割以上の世帯が「高校中退の可能性がある」と考えていることが、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの調査で明らかになった。

 セーブ・ザ・チルドレンは2020年8月~11月、新型コロナウイルス感染症緊急子ども支援として「都内ひとり親家庭高校生給付金」事業を行った。あわせて給付金申込み時に高校生活における経済的負担などに関する調査を実施し、355世帯から回答を得た。

 新型コロナウイルスの影響により、高校生活にかかる費用を支払えなかったことがあるかとの質問に、授業料や教材費、通学費、学校外の教育費などすべての項目で「支払えなかったことがある」という回答があり、「今後支払えなくなる可能性がある」との回答を合わせると、支払いが困難とする回答は半数を超えた。「塾や資格取得など、学校外でかかる教育費」については14.4%がすでに支払いができていなかった。

 新型コロナウイルスによる経済的な理由により、今後高校就学を続けられない可能性があるかとの質問では、31.8%の家庭が「はい」と回答し、高校中退の可能性があると考えられる。

  新型コロナウイルスの影響で、収入が半減した世帯は約4割にのぼり、うち約2割の世帯は収入がゼロになったと回答した。今回の「都内ひとり親家庭高校生給付金」の使途予定には、4割以上の家庭が高校就学のために必須である「授業料」「通学費」をあげている。

  新型コロナウイルスの影響で支出が増えた費目としては、「食費」92.1%、「水道光熱費」85.1%が多かった。高校生の学びに関わる費用負担として「通信費」をあげた世帯も44.5%にのぼり、27.0%の世帯で「教材費(オンライン)」の支出が増えたと回答した。

  現在の高校生の過ごす家庭内の状況については、44.8%の世帯が「子どもが使えるパソコンやタブレットがない」と回答。感染対策としてオンライン教育などが導入されているが、利用する環境を整えられない世帯も多いことがわかった。
《勝田綾》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top