学生支援の取組状況、LGBTの方針作成は大学7.7%

 日本学生支援機構は2020年12月16日、「大学等における学生支援の取組状況に関する調査(2019年度)」の結果を公表した。学生支援に関する方針は、9割以上の大学が「強化・充実させたい」と回答。学生支援の取組みは、7割の大学が「効果を上げている」と評価した。

教育業界ニュース その他
学生支援の全般に関する方針(グランドデザイン)
  • 学生支援の全般に関する方針(グランドデザイン)
 日本学生支援機構は2020年12月16日、「大学等における学生支援の取組状況に関する調査(2019年度)」の結果を公表した。学生支援に関する方針は、9割以上の大学が「強化・充実させたい」と回答。学生支援の取組みは、7割の大学が「効果を上げている」と評価した。

 「大学等における学生支援の取組状況に関する調査」は、大学・短期大学・高等専門学校における学生支援のニーズを把握することが目的。調査時期は2019年9月1日~10月11日。回答校数は1,154校(大学782校、短大315校、高専57校)。なお、大学には大学院大学、短期大学には短期大学部を含む。

リシードで全文を読む
《奥山直美》

【注目の記事】

特集

page top