健康増進「ひと駅歩く検索」東京メトロら提供

東京メトロ、NTTドコモ、東京海上日動あんしん生命保険は12月15日、東京で大都市型MaaS(モビリティアズアサービス)の取り組みを開始したと発表した。

デジタル生活 その他
(イメージ)
  • (イメージ)
  • 東京で実施するMaaS×健康増進のイメージ
  • アプリ連携イメージ
東京メトロ、NTTドコモ、東京海上日動あんしん生命保険は12月15日、東京で大都市型MaaS(モビリティアズアサービス)の取り組みを開始したと発表した。

今回のMaaSでは、メトロの新アプリ「東京メトロmy!アプリ」に12月15日から新機能「ひと駅歩く検索」を提供開始した。ひと駅手前で電車を降りて、散策しながら目的地に向かうことで、日々の移動の中での健康づくりを実践しやすくするとともに、これまで気づかなかった街の魅力を発見してもらうのが目的。

今回の連携では、日々の歩数目標を達成するとdポイントがたまるアプリ「dヘルスケア」1日平均8000歩以上歩くと保険料の一部が返ってくる医療保険「あるく保険」向けアプリに遷移する機能を「東京メトロmy!アプリ」に搭載して歩数目標を確認しやすくする。

東京メトロでは今後、ドコモ、あんしん生命と連携し、健康応援キャンペーンなどの企画・検討を開始した。MaaSを使って健康を応援する取り組みを推進していく。

MaaSを使って健康増進…「ひと駅歩く検索」 東京メトロなど提供

《レスポンス編集部@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)