地方国立大学の定員増、経常的な支援を…有識者会議

 政府の有識者会議は2020年12月22日、提言を取りまとめ公表した。最短で2022年度から地方国立大学の特例的な定員増が可能となるのにあたり、「地方創生に資する」プランに限定した特例であるべきとするとともに、質の高い研究・教育に必要な経常的な支援を求めた。

教育業界ニュース 文部科学省
地方創生に資する魅力ある地方大学の実現に向けた検討会議取りまとめ(ポイント版)
  • 地方創生に資する魅力ある地方大学の実現に向けた検討会議取りまとめ(ポイント版)
 政府の有識者会議は2020年12月22日、提言を取りまとめ公表した。最短で2022年度から地方国立大学の特例的な定員増が可能となるのにあたり、「地方創生に資する」プランに限定した特例であるべきとするとともに、質の高い研究・教育に必要な経常的な支援を求めた。

 「地方創生に資する魅力ある地方大学の実現に向けた検討会議」は、地方大学が目指すべき方向性と国の対応について、2020年9月から12月にかけて計7回の検討会議を実施し、議論を重ねてきた。なお、検討会議における「地方大学」とは、東京圏以外に所在し、地方創生への貢献をミッションとする大学を指す。

リシードで全文を読む
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

特集

page top