留学予定者には大学拠点でワクチン接種、万全を期して留学再開

 文部科学省は2021年6月15日、大学や高等専門学校、教育委員会等に向けて、国内外でワクチン接種が進捗しつつあること等を踏まえて、大学間交流協定等に基づく1年間の海外留学プログラムについて、学生の安全確保に万全を期することを前提に再開すると通知した。

教育・受験 大学生
文部科学省
  • 文部科学省
 文部科学省は2021年6月15日、大学や高等専門学校、教育委員会等に向けて、国内外でワクチン接種が進捗しつつあること等を踏まえて、大学間交流協定等に基づく1年間の海外留学プログラムについて、学生の安全確保に万全を期することを前提に再開すると通知した。

 海外留学プログラムの再開にあたり、渡航先の感染状況や感染防止策、感染した場合の現地の医療体制の確認の他、帰国時の防疫措置の把握、帰国ルートの確保、保険加入の徹底等を求めている。また、学生に対しては、感染症危険情報レベル2(不要不急の渡航取り止め)やレベル3(渡航中止勧告)の国・地域への留学であることをあらかじめ周知し理解させるようにしてほしいという。

リシードで全文を読む
《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

特集

page top