夏休みの過ごし方に「不満あり」子育て世帯の72%

 子供との夏休みの過ごし方に満足していない子育て世帯が71.8%にのぼることが、popInが行った調査により明らかになった。不満の理由として「行きたい場所に行けていない」との声が多くあがっており、長引くコロナ禍でストレスを感じている家庭のようすがうかがえる。

生活・健康 小学生
子供との夏休みの過ごし方に満足しているか
  • 子供との夏休みの過ごし方に満足しているか
  • 不満の理由
  • 2021年の夏休み、子供とどこへ出かけたか
  • 夏休み中に子供と行きたくても行けなかった場所
  • 夏休み、子供と自宅でどう過ごしているか
 子供との夏休みの過ごし方に満足していない子育て世帯が71.8%にのぼることが、照明一体型3in1プロジェクターを提供するpopInが行った調査により明らかになった。不満の理由として「行きたい場所に行けていない」との声が多くあがっており、長引くコロナ禍でストレスを感じている家庭のようすがうかがえる。

 popInは、子供との夏休みの過ごし方に関する意識・実態の把握を目的に、0歳~高校生以上の同居する子供をもつ全国の親世代1,342名を対象にアンケート調査を実施。調査は2021年8月13日~16日にインターネットにて行った。

 子供との夏休みの過ごし方に満足しているかと聞いたところ、「やや不満」49.2%、「不満」22.6%、あわせて71.8%が「不満」に感じているという結果となった。不満の理由については、69.3%が「行きたい場所に行けていないから」と回答。ついで、「子供とやりたいことが実現できていないから」44.4%、「自宅で子供との過ごし方に満足していないから」25.3%、となり、コロナ禍の外出自粛の影響で思うように外出できないことで不満やストレスが溜まっている実態が浮き彫りになった。

 外出が制限される中、2021年の夏休みに子供と出かけた場所について複数回答で聞いたところ、もっとも多かったのは「ショッピングセンター」35.9%。ついで「公園」34.7%、「祖父母、親戚宅」34.3%。夏休みらしい「観光地へ旅行」や「遊園地、テーマパーク」のようなお出かけスポットはいずれも10%以下となり、30.9%が「どこにも出かけず自宅で過ごした」と回答した。

 行きたくても行けなかった場所については、「観光地へ旅行」がもっとも多く66.4%。その他、「遊園地、テーマパーク」57.6%、「海」34.1%、「水族館」31.1%等、夏休みの目的地の代表格が上位を占めた。また「祖父母、親戚宅」も30.9%となり、帰省したくてもできないようすがうかがえる。

 子供と自宅でどう過ごしているかとの問いには、オリンピックが開催されていた影響か「一緒にテレビを見る」が68.7%にのぼった。まとまった時間が取れる分、「一緒に映画を見る」39.8%、「一緒にゲームをする」35.9%が上位に。「一緒に運動をする」26.3%、「一緒に料理をする」24.3%という回答もあった。

 コロナ禍で迎えた2度目の夏休み。子育て世帯が抱える不満や課題、乗り切るための工夫や奮闘ぶりがみえる調査となった。
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top