英検S-CBT、第3回12月実施分10/8より申込受付

 日本英語検定協会は2021年10月5日、2021年度第3回「英検S-CBT」12月実施分の試験日程・試験時間等の概要を発表した。申込受付は10月8日午後6時より開始。締切日は試験日ごとに異なる。

教育・受験 高校生
「英検S-CBT」12月実施分の申込期間・試験日・合否発表日
  • 「英検S-CBT」12月実施分の申込期間・試験日・合否発表日
  • 英検S-CBT特設サイト
 日本英語検定協会は2021年10月5日、2021年度第3回「英検S-CBT」12月実施分の試験日程・試験時間等の概要を発表した。申込受付は10月8日午後6時より開始。締切日は試験日ごとに異なる。

 「英検S-CBT」は、従来型の英検と同じ出題形式を取りながら1日に4技能を測ることができる試験。合格すると、従来型の英検と同じ資格を取得できる。2021年度より、これまでの「英検CBT」と「英検 2020 1 day S-CBT」を統合し、解答方式もシンプルによりわかりやすく一本化している。

 試験の実施級は、準1級、2級、準2級、3級。英検(従来型)との併願申込も可能。会場は全国47都道府県、78エリア(10月5日現在)のテストセンター。土日・祝日に加えて、一部エリア・級は平日も実施している。12月の平日にお得に受験できる平日キャンペーンも実施する。キャンペーンの詳細は、10月8日午後6時に英検S-CBTのWebサイトに掲載予定。

 2021年度第2回検定(8月~11月実施)については、コロナ禍の影響で受験機会が得られない受験者も多くいたことを考慮し、期間中に同一級を最大5回まで受験可能としたが、今回の第3回検定(12月~翌年3月実施)は、通常通り同一期間中に同一級を受験できる回数を最大2回までとする。

 また、2021年度第2回検定8月実施分より、すべての英検方式で取得した一次試験免除の資格を英検S-CBTで申請可能となり、スピーキングテストのみ受験することが可能に。英検S-CBTは毎週末実施しているため、英検(従来型)よりも早い日程を選択して受験できる。

 2021年度第3回「英検S-CBT」12月実施分は10月8日午後6時に申込受付を開始。申込締切は、12月3日~5日実施分が10月26日。12月6日~12日実施分が11月2日。12月13日~19日実施分が11月10日。12月20日~24日実施分が11月17日。いずれも申込みは締切日の午前10時まで。コンビニ支払いを選択する場合は、締切日より4日ほど早く締切が設定されているため申込みの際は留意が必要。
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top