小中学生対象「PCNこどもプロコン2022」1/11まで作品募集

 子供たちにプログラミングの機会を提供するプログラミングクラブネットワークは2021年11月1日、「PCNこどもプログラミングコンテスト2022」の作品募集を開始した。締切りは2022年1月11日。ゲームやWebプログラミング、電子工作等、アイデア満載の作品を募集する。

教育ICT 小学生
 子供たちにプログラミングの機会を提供するプログラミングクラブネットワーク(PCN)は2021年11月1日、「PCNこどもプログラミングコンテスト2022」の作品募集を開始した。締切りは2022年1月11日。ゲームやWebプログラミング、電子工作等、子供たちのアイデア満載の作品を募集する。

 「PCNこどもプログラミングコンテスト」は、小中学生を対象としたプログラミングを使ったアイデア作品コンテスト。子供たちがプログラミングを学ぶ環境づくりの一環として2014年夏から始まり、2021年で12回目を迎える。日本だけでなくアメリカやカナダ、ポーランド等、世界各国からも作品応募があり、これまでに累計1,300作品以上の応募が寄せられている。前回にあたる第11回は、ソフトウェア部門247作品、ロボット・電子工作部門35作品、計282作品が集まった。

 コンテストでは、「ソフトウェア部門」小学生の部・中学生の部、「ロボット・電子工作部門」小学生の部・中学生の部の全4部門を設置。オリジナルのプログラミング作品であればツール・環境を問わず、ゲームやアプリ、ロボットや電子工作と組み合わせた作品等広く募集する。作品は1人何作品でも応募可能。

 最優秀賞・優秀賞は、2022年1月下旬に予定されている一次審査を通過したノミネート作品より、それぞれ各部門1作品ずつ選定される。ノミネート作品の最終審査会は3月13日にYoutubeにてオンライン配信予定。当日はゲスト審査員も交えて作品を審査し賞が決定する。また、惜しくもノミネートから外れてしまった作品も、協賛企業より提供される協賛賞に選ばれる可能性がある。副賞はノートパソコンや3Dプリンタ等、ものづくりに役立つ品を提供予定。

 応募は2022年1月11日までWebサイトにて受け付ける。コンテストの詳細や詳しい応募方法等もWebサイトから確認できる。

◆PCNこどもプログラミングコンテスト2022
募集期間:2021年11月1日(月)~2022年1月11日(火)
対象:小学生・中学生(全国、海外)
応募方法:Webサイト内のコンテスト応募専用フォームより応募する
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top