小田急、小児IC運賃を全区間一律50円に…3/12より

 小田急電鉄はダイヤ変更を行う2022年3月12日、小児IC運賃を全区間一律50円とする運賃改定を行う。小児用の通学定期券やフリーパスの料金も低廉化し、子供の日常からお出かけを応援。小児用ICカードの普及を目指したキャンペーンも展開する。

生活・健康 小学生
小児IC運賃を一律50円に改定
  • 小児IC運賃を一律50円に改定
  • 改定内容
  • 通勤車両5000形
  • 「小児用PASMOを作ろう!」キャンペーンでプレゼントするICカードケース
 小田急電鉄はダイヤ変更を行う2022年3月12日、小児IC運賃を全区間一律50円とする運賃改定を行う。小児用の通学定期券やフリーパスの料金も低廉化し、子供の日常からお出かけを応援。小児用ICカードの普及を目指したキャンペーンも展開する。

 「小児IC運賃の全区間一律50円」は、小田急電鉄が2021年11月に掲げた“子育て応援ポリシー”をもとに、子育てしやすい沿線環境の実現に向けて実施する取組み。小児IC運賃を持続的に大人運賃の半額以下に一律低廉化するのは全国の鉄道で初となる。これにより、現行の最安区間63円、最高区間445円の小児IC運賃が、一律50円となる。

 小児IC運賃の低廉化にあわせて、小児用通学定期券の低廉化も実施。全区間一律で1か月800円、3か月2,280円、6か月4,320円となり、いずれの期間も現行の最安区間を下回る運賃に改定される。また、箱根フリーパス等の企画乗車券の料金も小田急線内分の引き下げを行う。

 さらに、2月10日から3月25日までの期間、小児用ICカードの普及を図るキャンペーン「小児用PASMOを作ろう!」を展開。期間中、小田急線各駅または定期券うりばにて、新規に小児用PASMOを購入し、アンケートに回答した先着1万名を対象に、特急ロマンスカー・GSE(70000形)をデザインしたオリジナルICカードケースをプレゼントする。
《畑山望》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top