2022年の夏、ダブル高気圧で猛暑に…暑さのピークは2回

 ウェザーニューズは2022年6月22日、「猛暑見解2022」を発表した。全国的に平年より暑く、2つの高気圧が重なるタイミングでは猛暑と予想される。暑さのピークは7月後半と8月後半、西日本と東日本では厳しい残暑となる見込み。

生活・健康 その他
2022年夏の気温傾向
  • 2022年夏の気温傾向
  • 2022年猛暑ピーク時の天気図イメージ
  • お天気アプリ「スマートニュース」
  • 熱中症アラーム
  • 熱中症アラームの設定方法
 ウェザーニューズは2022年6月22日、「猛暑見解2022」を発表した。全国的に平年より暑く、2つの高気圧が重なるタイミングでは猛暑と予想される。暑さのピークは7月後半と8月後半、西日本と東日本では厳しい残暑となる見込み。

 2022年は7月中旬までに梅雨明けする地域が多く、昨年(2021年)同様に梅雨明け早々厳しい暑さが到来すると予想される。エリア別では、沖縄で平年並から高く、西日本から北日本にかけては平年より高い傾向。暑さのピークは7月後半と8月後半の2回、高度の違う2つの高気圧が鍵とみられている。

 太平洋高気圧とチベット高気圧は広がる高度が違うため、チベット高気圧が日本付近まで張り出すと、太平洋高気圧と上空で重なりあってダブル高気圧となり、35度以上の猛暑日が続いたり、フェーン現象が起こりやすい場所では40度前後の酷暑になることもある。

 8月中旬~下旬にかけては、西日本から東日本で湿った空気が流れ込むため雲が広がり、にわか雨や雷雨が起こりやすくなる影響から、暑さが和らぐ時期があるとみられている。その後、9月にかけても南から暖かな空気が流れ込みやすく、西日本と東日本では秋のお彼岸ごろまで厳しい残暑が予想される。

 ウェザーニューズのスマホアプリでは、熱中症の危険性をプッシュ通知で知らせる「熱中症アラーム」機能を提供している。スマホアプリ「スマートニュース」をダウンロード後、「スマートアラームを受信」をONに設定するだけで利用可能。現在地の熱中症危険レベルは、熱中症による救急搬送者数をもとに設定された「警戒レベル(熱中症患者が急増)」と「最大警戒レベル(屋内でも危険)」の2段階で通知される。


《川端珠紀》

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top