Windowsタブレット「Surface RT」の教育活用、Officeの標準搭載が特長 1枚目の写真・画像

 日本マイクロソフトが7月10日から教育機関を対象に始めたWindowsタブレット「Surface RT」の期間限定導入検証プログラムの実施期間が延長された。定価の3万円引きでタブレットを提供する今回の企画には、200校以上からの申し込みがあり、教育機関からの反応はよいようだ。

教育ICT モバイル

編集部おすすめの記事

特集

page top