今夏は内科医の3人に2人が熱中症患者を診察、うち15%は重症者 2枚目の写真・画像

 近年例を見ない猛暑となっている今年の夏、Qlifeは一般内科の外来を担当している医師を対象に、2013年夏の猛暑による健康被害状況について、インターネット調査を実施した。調査期間は2013年8月15日~8月16日で、有効回答数は243名。

生活・健康 健康
医師一人あたりの症状別人数と患者数
医師一人あたりの症状別人数と患者数

編集部おすすめの記事

特集

page top