エボラ出血熱の学校保健安全法における取り扱い 2枚目の写真・画像

 国立感染症研究所によると、エボラ出血熱はエボラウイルスによる急性熱性疾患であり、血液や体液との接触により人から人へ感染が拡大し、多数の死者を出す流行を起こすという。日本の学校保健安全法では、感染した児童生徒は治癒するまで出席停止となっている。

教育・受験 学校・塾・予備校
エボラ症例の分類に使われる基準
エボラ症例の分類に使われる基準

編集部おすすめの記事

特集

page top