日本の大気圧、アジアの天候や米収穫量と相関…東大ら共同研究 3枚目の写真・画像

 JAMSTEC、東京大学先端科学技術研究センター、カルフォルニア大学サンディエゴ校スクリプス海洋研究所ら共同研究グループは、東アジアから太平洋域の夏の大気圧分布パターンについて長期解析を実施、結果を発表した。

生活・健康 その他
PJパターン指標と南方振動指数との相関
PJパターン指標と南方振動指数との相関

編集部おすすめの記事

特集

page top