劇症型溶血性レンサ球菌感染症、1999年以降で最多の患者数へ 2枚目の写真・画像

 発病から病状の進行が非常に早く、壊死(えし)や多臓器不全などを引き起こす「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」。「人食いバクテリア」とも呼ばれるこの感染症が、1999年以降でもっとも多い患者数となっている。

生活・健康 健康
東京都感染症情報センター
東京都感染症情報センター

編集部おすすめの記事

特集

page top