台風は少なめ、インド洋の高温とニーニャ現象が原因と予測 2枚目の写真・画像

 例年なら、遅くとも5月に発生している「台風1号」。今年はけっきょく5月中に発生せず、1998年以来18年ぶりの事態だという。この事態を受け、ウェザーニューズは、今シーズンの台風遅延の理由と、今後の傾向予想を発表した。

生活・健康 その他
季節予報モデルによる6~8月の海面水温平年偏差予測(出典:ECMWF)
季節予報モデルによる6~8月の海面水温平年偏差予測(出典:ECMWF)

編集部おすすめの記事

特集

page top