ヘルパンギーナ、東京や神奈川で患者急増…警報レベルに 4枚目の写真・画像

 毎年夏に流行する感染症「ヘルパンギーナ」の患者が、東京都や神奈川県で急増している。第28週(7月11~17日)の患者報告数は、神奈川県で警報基準値の6.0を超える6.14となっているほか、東京都でも保健所別の患者報告数が警報レベルを超え、大きな流行となりつつある。

生活・健康 未就学児
神奈川県の保健所管轄地域別ヘルパンギーナ発生状況(2016年第28週)
神奈川県の保健所管轄地域別ヘルパンギーナ発生状況(2016年第28週)

編集部おすすめの記事

特集

page top