子どもの自制心、遺伝的影響は5歳ごろから…京大研究グループ 2枚目の写真・画像

 京都大学の研究グループは2018年1月5日、行動や思考を制御する能力(実行機能)とその能力に深くかかわる外側前頭前野の活動に、COMT(カテコール-O-メチルトランスフェラーゼ)遺伝子が影響を与えることを突き止めたと公表した。

教育・受験 その他
調査方法と調査結果
画像出典:京都大学「子どもの自制心、遺伝的影響が見え始めるのは5歳頃から―子どもの資質を考慮した発達支援を目指して―」 調査方法と調査結果

編集部おすすめの記事

特集

page top