普段の食事で気を使っていること、食中毒予防は最下位 10枚目の写真・画像

 東京都は2018年4月23日、「家庭における食中毒予防に関する調査」結果を公表。普段の食事で気を使っていることは「栄養のバランス」「朝食を抜かない」が多く、「食中毒の予防」22.8%は低い。一方、食中毒経験者の約3割は、家庭内の食事や弁当が原因だと回答している。

生活・健康 その他
本調査「『刺身を食べるときは、殺菌のため、わさびをつける』の実践状況と性別の関係 」
画像出典:東京都「家庭における食中毒予防に関する調査 報告書」 本調査「『刺身を食べるときは、殺菌のため、わさびをつける』の実践状況と性別の関係 」

編集部おすすめの記事

特集

page top