英検に関するニュースまとめ一覧(35 ページ目)

 実用英語機能検定は、公益財団法人日本英語教会が実施する英語検定。高校卒業レベルは英検2級とされている。また同法人による英語検定には、幼児向けの児童検定やビジネス英語に特化したBULATS、海外留学向けの英語力試験であるIELTSなどがある。英検を利用した各学校・教育機関の取り組みや解答速報など、英検に関する様々な情報を配信する。

【英検のメリット2】高校・大学で単位認定…お茶大、学芸大、明治など 画像
教育・受験

【英検のメリット2】高校・大学で単位認定…お茶大、学芸大、明治など

前回は、高校・短大・大学入試での優遇について紹介したが、英検を科目の単位として認めている高校や大学がある。

準2頻出見出し語を1,120まで絞り込み…アルク「キクタン英検準2級」 画像
教育・受験

準2頻出見出し語を1,120まで絞り込み…アルク「キクタン英検準2級」

 語学教材の開発をしているアルクは12月8日、単語、熟語を「聞いて」覚える「キクタン」シリーズの新刊「キクタン英検準2級」を販売開始したと発表した。

【英検のメリット1】高校・短大・大学入試で優遇…一橋、早稲田、慶應など 画像
教育・受験

【英検のメリット1】高校・短大・大学入試で優遇…一橋、早稲田、慶應など

 年3回実施され、年間200万人以上が受験する英検では、「聞く・話す・読む・書く」英語の4技能をバランスよく測定することで、英語力の一つの基準とされ、高校、短大、大学の入試で優遇される学校も多い。

ICT環境改善へ…HUE教育機関へPC用イヤホンマイク無償配布 画像
教育ICT

ICT環境改善へ…HUE教育機関へPC用イヤホンマイク無償配布

 ハンビットユビキタスエンターテインメントは12月3日より、教育機関へ向けPC用イヤホンマイクの無償配布を開始。学校や塾などの配布希望者を募集している。

マンツーマン感覚で英会話レッスン、ネット対応のアルクの新製品 画像
教育ICT

マンツーマン感覚で英会話レッスン、ネット対応のアルクの新製品

 アルクは12月1日、台湾のL Labs Inc.と提携し、同社開発の学習システムMyETをUSBに搭載した「アルクのとことんスピーキング練習シリーズ」の販売を開始した。

あの有名校も導入…5級から準1級まで対応の英検対策eラーニング 画像
教育ICT

あの有名校も導入…5級から準1級まで対応の英検対策eラーニング

 英語教育への保護者の関心は高く、2009年の英検受験者は中高生を中心に226万人にものぼる。慶應義塾普通部などで利用されている「旺文社・英検CAT」についてチエルの橋本氏に話を聞いた。

1/23の英検受付開始…ネット英検対策の「旺文社・英検CAT」が998円で使い放題に 画像
教育ICT

1/23の英検受付開始…ネット英検対策の「旺文社・英検CAT」が998円で使い放題に

 2010年度第3回として1月23日(日)に実施される「実用英語技能検定試験(英検)」の受付が、本日12月1日にスタートした。

BIGLOBE、iPhone向け英語検定アプリ「クイズ!英語生活力検定」の提供を開始 画像
教育ICT

BIGLOBE、iPhone向け英語検定アプリ「クイズ!英語生活力検定」の提供を開始

 BIGLOBEは11月11日より、iPhone向け英語検定アプリ「クイズ!英語生活力検定」の提供を開始した。

英語学習は6歳から、自ら学びたい子どもが増えている 画像
教育・受験

英語学習は6歳から、自ら学びたい子どもが増えている

 財団法人日本英語検定協会は、児童英検の受験者である6歳〜12歳の小学生257名を対象としたアンケート結果を発表している。東京・名古屋・大阪の3会場で、子どもたちの英語学習について質問した。

  1. 先頭
  2. 10
  3. 20
  4. 25
  5. 26
  6. 27
  7. 28
  8. 29
  9. 30
  10. 31
  11. 32
  12. 33
  13. 34
  14. 35
Page 35 of 35
page top