ソフトバンクに関するニュースまとめ一覧(4 ページ目)

複合レジャーエリアで自動運転バスの実証実験…相模湖 画像
生活・健康

複合レジャーエリアで自動運転バスの実証実験…相模湖

相模湖リゾートと富士急行、ソフトバンク子会社であるSBドライブは、自律走行バス「ナビヤ・アルマ」を使った実証実験を、アウトドア施設と遊園地を組み合わせた複合型レジャーエリア、「さがみ湖リゾート・プレジャーフォレスト」で11月25日から12月1日まで実施する。

5-18歳と家族も対象「ワイモバ学割」11/29-6/1 画像
生活・健康

5-18歳と家族も対象「ワイモバ学割」11/29-6/1

 ソフトバンクとウィルコム沖縄は2019年11月29日から、基本料が最大13か月間1,000円割引になる「ワイモバ学割」を5歳から18歳を対象に実施する。期間中の契約で、家族も同様の割引対象となる。キャンペーン受付期間は2020年6月1日まで。

横浜市、部活動の遠隔指導…競技経験ない教職員の負担軽減 画像
教育業界ニュース

横浜市、部活動の遠隔指導…競技経験ない教職員の負担軽減

 横浜市は2019年10月28日、「産学官協働によるICTを活用した部活動支援」として、ソフトバンクと桐蔭横浜大学と連携して中学校部活動の遠隔技術指導に取り組むことを公表。競技経験のない教職員の精神的な負担の軽減などを目的に試行実施される。

小学生対象「ソフトバンクグループ野球教室」12/14・15 画像
教育イベント

小学生対象「ソフトバンクグループ野球教室」12/14・15

 ソフトバンクグループは2019年12月14日と15日、小学生を対象とした「ソフトバンクグループ野球教室in東京2019」を明治神宮外苑室内球技場にて開催する。参加無料。応募締切は11月7日午後11時。

ソフトバンク、ロボットプログラミング教育の成果発表会 画像
教育ICT

ソフトバンク、ロボットプログラミング教育の成果発表会

 ソフトバンクグループとソフトバンクロボティクスは、「Pepper 社会貢献プログラム」に参加する全国約850校の小中学生がプログラミング教育の学習成果を披露する「プログラミング成果発表会2020」を開催する。全国大会は2020年2月9日。

多彩な見守り機能を搭載「キッズフォン2」12月上旬以降発売 画像
デジタル生活

多彩な見守り機能を搭載「キッズフォン2」12月上旬以降発売

 セイコーソリューションズは、子どもが安心・安全に利用できる多彩な見守り機能を備えた「キッズフォン2」を開発した。ソフトバンクより2019年12月上旬以降に発売する予定。楽しく学べる小学生向けの漢字学習アプリも搭載している。

家庭用プログラミング教材「Sphero Mini Activity Kit」 画像
教育ICT

家庭用プログラミング教材「Sphero Mini Activity Kit」

 ソフトバンクグループのSB C&Sは2019年10月18日、家庭で基礎的なプログラミング学習ができる教材「Sphero Mini Activity Kit」を発売する。販売価格は9,768円(税込)。発売に先立ち、SoftBank SELECTIONオンラインショップにて10月2日より予約の受付けを開始する。

ソフトバンクら4団体、千葉県内でスポーツマンシップ教育を推進 画像
教育ICT

ソフトバンクら4団体、千葉県内でスポーツマンシップ教育を推進

 ソフトバンクは、日本スポーツマンシップ協会、千葉商科大学、千葉ジェッツふなばしと連携して、子どもたちの心身の健全な育成を目的としたスポーツマンシップ教育を推進する。2019年9月から、「Pepper」を使った授業を千葉県内の小中学校の部活動などで展開する。

ICTで障がい児支援、全国4会場で活用事例紹介セミナー 画像
教育イベント

ICTで障がい児支援、全国4会場で活用事例紹介セミナー

 ソフトバンクと東京大学先端科学技術研究センターは2019年7月から8月にかけて「魔法のプロジェクト2019~魔法のWallet~」の教育関係者・保護者向けセミナーを東京・福岡・沖縄・大阪の4会場で開催する。

ソフトバンク、STEM教育スクール開校…全国拡大へ 画像
教育ICT

ソフトバンク、STEM教育スクール開校…全国拡大へ

 ソフトバンクグループのSB C&Sは2019年6月、STEM教育推進のためSTEM教育スクール「STELABO(ステラボ)」事業を開始した。直営校である「STELABO汐留校」を6月12日に開校。ものづくりやプログラミング学習を提供する。

被災地の子どもを応援「SoftBank 東北絆CUP」競技種目に自転車追加 画像
生活・健康

被災地の子どもを応援「SoftBank 東北絆CUP」競技種目に自転車追加

 ソフトバンクは、東日本大震災の復興支援の取り組みである「SoftBank 東北絆CUP 2019」の競技種目に自転車を追加することを決定した。

東日本大震災被災地の小中学生対象、SoftBank東北絆CUP 画像
生活・健康

東日本大震災被災地の小中学生対象、SoftBank東北絆CUP

 ソフトバンクは2019年3月29日、東日本大震災の被災地の子どもたちを応援する「SoftBank東北絆CUP 2019」の日程・会場を発表した。岩手県・宮城県・福島県の小中学生を対象に、参加者を募集している。

親の8割が子どもに「スマホを持たせて良かった」9割が不安 画像
デジタル生活

親の8割が子どもに「スマホを持たせて良かった」9割が不安

 ソフトバンクは、ネオマーケティングと共同で「子どもにスマートフォンを持たせることに対する意識調査」「親子のスマートフォン利用実態調査」を実施し、結果を発表した。

micro:bitと家庭学習用教材のセット2種、2/22発売 画像
教育ICT

micro:bitと家庭学習用教材のセット2種、2/22発売

 SB C&Sは2019年2月22日、プログラミング学習用コンピューターボード「micro:bit(マイクロビット)」に、家庭学習用のオリジナル教材と機能を拡張できる便利なアイテムをセットにした「micro:bitはじめてセット」と「micro:bitアドバンスセット」を発売する。

スマホリテラシーNo.1は島根、ワーストは?「全国統一スマホデビュー検定」実施中 画像
デジタル生活

スマホリテラシーNo.1は島根、ワーストは?「全国統一スマホデビュー検定」実施中

 ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は2018年12月から2019年5月31日まで、スマートフォンに関する正しい知識を親子でクイズ形式で学べる「全国統一スマホデビュー検定」を実施している。公開から約2か月時点で、全体正答率がもっとも高いのは“島根県”。

ソフトバンク、micro:bitを含むプログラミングキットを無償提供「IoTチャレンジ」開始 画像
教育ICT

ソフトバンク、micro:bitを含むプログラミングキットを無償提供「IoTチャレンジ」開始

 ソフトバンクは2019年1月24日、次世代を担う子どもたちの育成を支援する「IoTチャレンジ」を開始すると発表した。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 20
  12. 最後
Page 4 of 24
page top