micro:bitと家庭学習用教材のセット2種、2/22発売

 SB C&Sは2019年2月22日、プログラミング学習用コンピューターボード「micro:bit(マイクロビット)」に、家庭学習用のオリジナル教材と機能を拡張できる便利なアイテムをセットにした「micro:bitはじめてセット」と「micro:bitアドバンスセット」を発売する。

教育ICT 小学生
SoftBank SELECTIONオンラインショップ「micro:bit(マイクロビット) はじめてセット・アドバンスセット」
  • SoftBank SELECTIONオンラインショップ「micro:bit(マイクロビット) はじめてセット・アドバンスセット」
  • SB C&S
 SB C&S(旧社名:ソフトバンク コマース&サービス)は2019年2月22日、手のひらサイズのプログラミング学習用コンピューターボード「micro:bit(マイクロビット)」に、家庭学習用のオリジナル教材と機能を拡張できる便利なアイテムをセットにした「micro:bitはじめてセット」と「micro:bitアドバンスセット」を発売する。

 micro:bitは、誰でも直感的にプログラミングを学べる教材として、世界40か国で活用されている教育用のコンピューターボード。本体にLEDや磁気センサーなどを搭載しているため、パソコンで作成したプログラミングを実際にmicro:bitで確認することができる。センサーの追加や外部装置との接続により機能を拡張することができ、より高度で複雑なプログラミングを行うことも可能。

 今回発売する「micro:bitはじめてセット」と「micro:bitアドバンスセット」は、2020年の小学校でのプログラミング教育必修化に向けて、micro:bit本体と家庭で学べるmicro:bit専用の教材をセットにした商品。micro:bit専用の教材は、ロボット教育学の第一人者で相模女子大学小学部の副校長である川原田康文氏と共同で開発しており、プログラミング学習の経験がない保護者でも教材に沿って簡単に子どもに教えることができる。

 教材は、レッスン1~6の6段階で構成。各レッスンの学習内容は順に、「LEDにアイコンや文字列を表示する」「ゲームを作る」「光センサー・温度センサーを使う」「地磁気センサー・加速度センサーを使う」「音を鳴らす・LEDを点灯させる」「超音波センサーを使う」。はじめてセットはmicro:bitに搭載されている機能を活用して学習を行うレッスン4まで、アドバンスセットは付属のアイテムで機能を拡張し、さらに学習領域を広げるレッスン6までのすべての内容に対応している。

 SoftBank SELECTIONオンラインショップでは現在、予約受付を行っている。販売価格は、はじめてセットが4,980円、アドバンスセットが6,980円(いずれも税込)。ビックカメラやヨドバシカメラ、ヤマダ電機など(一部店舗を除く)の家電量販店やAmazonでも販売する。

 なお、ソフトバンクはCSR活動として、Pepper社会貢献プログラムに参加中の小中学校を対象に2019年4月から実施予定のPepperとmicro:bitを連携したプログラミング教育プログラム「IoTチャレンジ」において、はじめてセットとアドバンスセットの内容をもとにした教員向け教材を無償で提供する。

◆micro:bitはじめてセット/micro:bitアドバンスセット
発売日:2019年2月22日(金)
取扱店:SoftBank SELECTIONオンラインショップ、ビックカメラやヨドバシカメラ、ヤマダ電機など(一部店舗を除く)の家電量販店、Amazon
同梱物:
<micro:bitはじめてセット>micro:bit本体、本体ケース、microUSBケーブル、電池ボックス、学習教材(SB C&Sオリジナル)
<micro:bitアドバンスセット>micro:bit本体、本体ケース、拡張用コネクター、超音波センサー、圧電スピーカー、ワニ口クリップ、microUSBケーブル、電池ボックス、学習教材(SB C&Sオリジナル)
価格:
<micro:bitはじめてセット>4,980円
<micro:bitアドバンスセット>6,980円
※SoftBank SELECTIONオンラインショップ販売価格(税込)
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)